AgileBits、ブラウザベースのパスワード管理機能「1PasswordAnywhere」のDropbox上での使用を停止へ。

スポンサーリンク

 AgileBitsはブラウザベースのパスワード管理機能「1PasswordAnywhere」のDropbox上での使用を停止したようです。詳細は以下から。

1Password Icon

 AgileBits Forumによると、同社は1Passwordの機能の一部として提供しているブラウザベースのパスワード管理機能「1PasswordAnywhere」の使用を停止ししたようです。この機能はDropbox上に「1Password.html」というファイルを作成し、このファイルにアクセスすることで1Passwordの機能をブラウザ上でも利用できるというものでしたが、

1PasswordAnywhere-stop-v2

In the coming days, 1PasswordAnywhere (the 1Password.html file within your Agile Keychain folder) will stop working for 1Password data stored in Dropbox.[…]Please note that this does not affect your ability to sync your 1Password data using Dropbox.

Moving Beyond 1PasswordAnywhere – AgileBits Support Forum

昨年末にこの機能に一部のデータが暗号化されておらず個人情報が漏洩する可能性がある事が確認されたため、AgileBitsはDropbox上での利用に限りこの機能の停止を決めたようです。

Dropbox以外では?

 引き続き1PasswordAnywhereの機能を利用したいユーザーはUSBドライブなどのローカルに保存し使用するか、自身のWebサーバーに保存してすればリモートでも使用することが可能とのことですが、AgileBitsは最善の方法として同社が提供するWebサービス1Password Families1Password for Teamsの利用を勧めています。

First, you can continue to use 1PasswordAnywhere with an Agile Keychain stored locally or on a USB drive.[…]If you need remote access to your 1Password data from anywhere, you can host your 1Password Agile Keychain folder on your own webserver.Be sure to enable appropriate access controls and take the necessary security precautions.

Moving Beyond 1PasswordAnywhere – AgileBits Support Forum

コメント

  1. 匿名 より:

    Dropboxで同期し、プラットホーム毎に 1Password機能を共有するのであれば、 Webブラウザを介しての利用( AgileBitsのお勧めは 月毎に課金の有料サービス)ではなく、プラットホーム毎に 1Passwordアプリを導入しての利用の方が結果的に安価に利用出来ると云う事?