Opera、開発者版「Opera developer」に無料で利用可能なVPN機能を搭載。

スポンサーリンク

 Opera Softwareが開発者版として提供されている「Opera Developer」に無料で利用可能なVPN機能を追加したと発表しています。詳細は以下から。

Opera-Developer-Hero-logo-icon

 Opera Softwareは現地時間4月20日、開発者版Opera「Opera developer v38.0 for Windows/Mac」に無料で利用可能なVPN機能を追加したと発表しています。

We are the first major browser maker to integrate an unlimited and free VPN or virtual private network. Now, you don’t have to download VPN extensions or pay for VPN subscriptions to access blocked websites and to shield your browsing when on public Wi-Fi.

Free VPN | Now built into Opera browser

VPN Enable

 VPNの使い方は[環境設定…]メニューから[プライバシーとセキュリティ] > [VPN] > [Enable VPN]のチェックボックスをONにし、

Opera-developer-VPN-enable-img1

アドレスバー横に表示される「VPN」ボタンから[VPN location]で接続する国を選び、VPNを[ON]にすればVPN接続が利用できます。

Opera-developer-VPN-enable-img2

 VPN機能についてOperaはGlobal Web Indexの調査によれば現在世界中のインターネットユーザーの約24%がセキュリティやプライバシーの理由からVPNサービスを利用しており、今回の機能についてもこの様なユーザー向けのものだと説明していますが、コメント欄では中国コンソーシアムに買収されたOperaのVPNが信頼できるのか?というコメントも出ています。

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    このブラウザだけVPNってのはちょっと嬉しい。