macOS 10.12 Sierraのディスクユーティリティではコンテンツの種類が非表示に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.12 Sierraのディスクユーティリティではコンテンツの種類が非表示になっています。詳細は以下から。

DiskUtility-logo-icon

 macOS 10.12 SierraのディスクユーティリティではEl Capitanで廃止されたRAID設定機能が「RAIDアシスタント」として復活していますが、Sierraのディスクユーティリティではストレージ内のコンテンツの種類が以下の様に表示されないようになっています。

macos-sierra-disk-utility-contents

 Sierraのディスクユーティリティには「使用状況」と「パージ可能」領域、「空き」領域だけが表示されるようになっており、El Capitanのディスクユーティリティにあったコンテンツの種類は、「このMacについて」のストレージタブで表示され、ここからSierraから新たに導入された「Optimized Storage」の設定もできるようになっています。

macos-sierra-about-this-mac-storage