iOS 11では左右のAirPodsに別々の操作を設定可能。

スポンサーリンク

 iOS 11では左右のAirPodsに別々の操作を設定出来るようになっています。詳細は以下から。

Appleの左右独立Bluetoothイヤホン「AirPods」のアイコン。

 Appleはヘッドホンジャックを廃止したiPhone 7と同時に左右独型のワイヤレスヘッドホン「AirPods」を発売しましたが、本日リリースされた「iOS 11」では左右のAirPodに別々の操作を割り当てることが可能になっています。

AirPodsとiOS 11を搭載したiPhone

スポンサーリンク

AirPodsに操作を割り当てる方法

 左右のAirPodに割り当てられる機能は「Siri」、「再生/一時停止」、「次のトラック」、「前のトラック」、「オフ」の5種類で、iOS 10と同じく全てAirPodをダブルタップすることがトリガーとなっています。

iOS 11で左右のAirPodに別々の操作を割りあげることが可能に

クリックで拡大

設定はiOSの設定アプリから[Bluetooth] → [AirPods] → [AirPodsをダブルタップ(右/左)]から行うことが出来できます。また、iOS 10までコントロールセンターの1ページ目に表示されていたオーディオソースの切替は、コントロールセンターのミュージックボタンを長押し(または3D Touch)する事で表示できます。

iOS 11のコントロールセンターにAirPodsを表示する

コメント

  1. 匿名 より:

    ナイスアップデートや

  2. 匿名 より:

    good job!