Classic Macを模したApple Watch充電スタンドの3Dプリンター用データが公開。

スポンサーリンク

 Classic Macを模したApple Watchスタンドの3Dプリンター用CADデータが公開されています。詳細は以下から。


Apple-Watch-on-Classic-Mac-Hero


 Apple Watchスタンドの3Dプリンター用データを公開したのは以前Raspberry Pi上で実際に動くApple Iicのミニチュアを公開したノースカロライナ州のCharles Marginさんで、Classic Macの筐体にApple Watchを載せナイトスタンドモードで使用することが出来るそうです。

This is a two-part charging dock for the Apple Watch.

Part 1 (stand) holds the wireless charging puck in place. Part 2 (shell) slides on top, and provides a place to set your Apple Watch. Slots in the sides of the shell hold the watch steady by its band, while the magnetic charger keeps it in place to charge. The screen lines up with the Mac’s screen, so you can see the display while the watch is in Night Stand mode.

Apple Watch Charging Dock – Classic Mac by option8 – Thingiverse

 スタンドはApple Watchをホールドするスタンド部とClassic Macの筐体(シェル)部に分かれており、スタンド部にはApple Watch用のMagSafe充電ケーブルを収納可能でApple Watchのバンドは筐体部に巻きつける形となるようです。


AppleWatch-MagSafe-Stand-img1
AppleWatch-MagSafe-Stand-img2

 データはThingiverseにSTL形式で公開されており、El Capitanのプレビューアプリなら3Dデータも見れるようになっているので、興味のある方は関連リンクからどうぞ。

関連リンク