Xcode 6からExport&Import出来るようになったLocalization用xliff編集アプリ「Xliffie」がリリース。

スポンサーリンク

 Xcode 6のLocalization用ファイル(.xliff)を編集できるアプリ「Xliffie」がリリースされています。詳細は以下から。


en-xliff-view-xliffie-hero


 Xcode 6からiOS/MacアプリのLocalization用ファイル(.xliff:Xml Localization Interchange File Format)のExport&Importが出来るようになり、多言語化を別チームに依頼したり出来るようになりましたが、Xliffieはこのxliff用エディタです。


export_import_process_2x

When you are done internationalizing the app’s user interface and code, begin the localization process. Export all the development language strings files that contain user-facing text to a standard XML Localization Interchange File Format (XLIFF). Submit the XLIFF file to a localization team for translation into multiple languages. Continue developing your app while waiting for the translations.

[Localizing Your App – Apple Developer]

 使い方はXcode 6でプロジェクトを選択し、メニューバーの[Editor] > [Export For Localization…]を選択して.xliffファイルをExport、Xliffieで編集後Importしてやります。


Xcode-Export-for-Localization

 開発者はデスクトップにニコニコ動画風にツイートを表示するアプリTweetRainの開発者b123400さんで、書式指定子チェックや正規表現検索機能も付いています。


Xliffie-書式指定子-Check

Xliffie 無料

Xliffie
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
リリース日: 2015/02/06

関連リンク:
A localization assistance for your iOS / Mac app – Xliffie

Localizing Your App – Apple Developer

[iOS 8/Xcode 6] Localization がより簡単になりました – Developers.IO