GitHub、オープン・ソースのコードエディタ「Atom v1.2」をリリース。日本語を含むCJK文字列の折り返し表示が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 GitHubがオープン・ソースのコードエディタ「Atom v1.2」をリリースしています。詳細は以下から。


Atom-1-2-Hero


 Atom v1.2では新たにCJK(中国語、日本語、韓国語)でのソフトワードラップがサポートされており、一定の長さ以上の文字列を自動で折り返してくれます。

CJK softwrap

Atom 1.2.0 wraps CJK characters.

[Atom 1.2 – Atom.io]

 また、Atom v1.2ではChrome 45やnode 4.1.1でも利用されているフレームワークElectron 0.34.0が利用されており、安定性やパフォーマンスがより向上しているそうです。


Atom-Soft-Wrap-At-Preferred-Line-Length-Settings

 ソフトワードラップはAtomメニューの[View] > [Toggle Soft Wrap]で有効にでき、折り返すまでの文字数は[Settings]の「Soft Wrap At Preferred Line Length」で設定できます。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    折り返した部分が3行ならば、行間のカーソル移動も3行分だと良いけど。
    1行分動かしたつもりが3行分動くようだと、目的の場所を編集するためのカーソル移動が面倒臭い事になる。
    emacsだと、折り返しの行とカーソルの行移動に差異がない設定というかlispコードがあるから困らない。