「メニューバーを自動的に隠す」機能などWWDC 2015の基調講演で詳しく紹介されなかった「OS X 10.11 El Capitan」の新機能をまとめた動画。

シェアする

スポンサーリンク

 「メニューバーを自動的に隠す」機能などWWDC 2015の基調講演で詳しく紹介されなかった「OS X 10.11 El Capitan」の新機能をまとめた動画です。詳細は以下から。


WWDC-2015-Keynote-OS-X-10-11-New


 動画を公開しているのはYouTubeでテクノロジー系の動画を作成しているMichael Kukielkaさんで、WWDC 2015であまり触れられなかったOS X 10.11 El Capitanの新機能をコンパクトに(約6分)まとめています。




 この動画で紹介されている「WWDC 2015で一瞬だけ紹介された新機能」は以下の通りで、その他「El CapitanでSplit Viewを使ったらiOSのContinuityではどっちが表示されるのか?(アクティブな方のアプリ)」「新しいデザインのビーチボール(Spinning pinwheel)」などが紹介されています。

  • 2:49:iOS 9との連携できるEvernoteの様なノートアプリ
  • 4:05:メール内に含まれているスケジュールを自動的に判断しリマインダーやカレンダーに登録してくれる機能
  • 4:29:新しいデザインのビーチボール
  • 4:40:新しい共有リンクの拡張機能
  • 5:00:「友だちを探す」Widget機能
  • 5:10:全く新しいデザインのディスクユーティリティアプリ
  • 5:30:感圧タッチトラックパッドのSilent Clickオプション
  • 5:34:メニューバーを自動的に隠す機能

 Michaelさんはこの他にもiOS 9についてもレビューをしているので興味がある方は。




関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    メニューバーを自動的に隠す機能が、使いにくそう。
    それよりもフルスクリーン表示をWinと同じくメニューバー固定表示にして欲しい。

  2. Apple7743 より:

    メニューバー隠されてるおかげで作業スペース広くなってるのに意味ないやん…