OS X Yosemite 10.10.3では、Finderがv10.10.4にアップデートされFinderのスプリング機能設定がシステム環境設定へ移動。

スポンサーリンク

 OS X Yosemite 10.10.3ではFinderのスプリング設定がシステム環境設定のアクセシビリティへ移動しています。詳細は以下から。


OS-X-10-10-2-and-3-Spring-Loading


 今朝アップデートされたOS X 10.10.3ではFinderがv10.10.4へアップデートされており、エンタープライズ向けに「複数のMacのFinderからDFS 共有ポイントにアクセスした際にフォルダが消えてしまう」不具合が修正された他、


OS-X-10-10-3-Finder-v10-10-4

Resolves an issue where folders from a DFS share point might “disappear” when viewed from the Finder on some Macs

[About the OS X Yosemite v10.10.3 Update – Apple サポート]

 Finderの環境設定から「スプリングファイルとスプリングウィンドウ」の設定が消えており(スプリング機能はファイルをドラッグしフォルダやDockにマウスオーバーすると、そのフォルダで開いてくれる機能)、


OS-X-10-10-Finder-Preferences

 システム環境設定の[アクセシビリティ] > [マウスとトラックパッド]の「スプリングローディングの時間」から設定するように変更されています。


OS-X-10-10-3-アクセシビリティ-スプリングローディングの時間

関連リンク:
OS X Yosemite 10.10.3ではForce Touchで採用されていた「Safariやメールに含まれているリンクのプレビュー」機能がトラックパッドやマウスでも可能にb.hatena

OS X Yosemite 10.10.3ではSafariやテキスト中に含まれる日付や時間を3本指でタップすることでスケジュールをカレンダーに追加可能b.hatena