HTTPやFTP、ブラウザ機能拡張、ビルトインブラウザなど様々な機能を盛り込んだMac用ダウンロードマネージャー「Maxel」を使ってみた。

スポンサーリンク

 HTTPやFTP, SFTPプロトコル、ビルトインブラウザ、ブラウザ機能拡張、ダウンロード用APIなど様々な機能を盛り込んだMac用ダウンロードマネージャーアプリ「Maxel」のデモ版が公開されていたので使ってみました。詳細は以下から。


Download-Mangager-Maxel-app-Review


 Maxelは去年3月にリリースされたMac用多機能ダウンロードマネージャーで、Mac App Storeのユーティリティカテゴリで14位になりその後Demo版が用意されたようなので使ってみました。


 Maxelの使い方はツールバーの[Add URLs]からダウンロードしたいファイルやウェブサイトのURLを入力するだけで、HTTP, HTTPS, FTP, SFTPプロトコルに対応し、対応しないリンクが入力されると赤で表示されます。


Maxel-app-Downlaod-URLs

 Maxelは現在eBayのHadoopエンジニアとして働いている開発者のLiさんが独自に開発したダウンロードエンジン(curlライブラリも使用しているようですが)を使用しており、特にCDNが用意されていない海外のサーバーにホスティングされたファイルをダウンロードする場合に有用になるそうです。


Maxel-app-Downlaod-accelerator

Maxel helps with the third (The server isn’t located within the same city) issue, which plagues most downloads online which aren’t backed by a CDN (content delivery networks will solve this issue but are expensive, especially for larger downloads). This issue is particularly bad if the downloads are hosted overseas or a couple timezones away.

[Download Accelerator for Mac OS X – Maxel]

 Preferencesからはダウンロード数やユーザーエージェントの設定、SSHフォルダ(デフォルトでは~/.ssh)の設定などが可能で、


Maxel-Preferences

 SafariやChrome用の機能拡張も用意されており、インストール後はコンテキストメニューからMaxelへリンクを送ることが可能です。


Maxel-Safari-Extensions

 その他、HTMLファイルをダウンロードした際にプレビューを表示してくれるビルトインブラウザやハッシュ値(MD5/SHA1)の表示機能、APIなども用意されています。


Builtin-Browser-Maxel

 Mac App Storeでの価格は800円ですが、一部機能限定版のDemo版が公式サイトからダウンロード可能なので興味のある方は関連リンクからどうぞ。

関連リンク:
Download Manager for Mac OS X – Maxel