Mac用グラフィックツール 「Sketch 3」にコメントや注意書きを入れていけるプラグイン「Sketch Notebook」がリリース。

スポンサーリンク

 Sketch 3にコメントや注意書きを入れたレイヤーを自動的に生成してくれるツール「Sketch Notebook」がリリースされています。詳細は以下から。

Sketch-Notebook-Hero


 Sketch NotebookはスペインのデザイナーMarcos Vidalさんが作成したSketch 3用プラグインで、GitHubで公開されておりSketch 3購入者ならだれでも使用することが可能です。

使い方

  1. 使い方はまずSketch NotebookプラグインをGitHubからダウンロードしてインストールかSketchのプラグインを自動で管理してくれるSketch Toolboxb.hatenaからインストール。
  2. Sketch-Notebook-from-Sketch-Toolbox

  3. 次にSketchファイルを開き、コメントや注意書きを書き込みたいレイヤーを選択して[Ctrl + Alt + Command + 9]か、メニューバーの[Plugins] > [Sketch Notebook] > [Add Comment]でコメントウィンドウを開きタイトルとコメントを書き込みます。
  4. Sketch-Notebook-Plugin-Comment-Window

  5. コメントを書き込むと自動的にSketch Notebookのレイヤーが作成され、プロジェクト名、日付、作者、スクリーン名が入力されその下に先ほど書き込んだコメントが付きます。
  6. Sketch-Notebook-Comment-layer

 コメントのアップデートや並べ替え[Ctrl + Alt + Command + 8]、コメントの表示・非表示[Ctrl + Alt + Command + 0]などのプラグインも用意されています。

relocate_indicators

関連リンク: