Evernote for Macがv6.0へアップデート、ワークチャットやコンテキストなどの新機能が加わり同期も3倍以上速く。

シェアする

スポンサーリンク

 Evernoteの公式クライアントEvernote for Macがバージョン6.0へアップデートしています。詳細は以下から。


Evernote-for-Mac-v6


 リリースノートによるとEvernote for Mac v6.0はOS X Yosemiteのデザイン(Blur)に刷新され、Spotlightからノートを検索可能、ワークチャットやコンテキストという新機能も加わり更に同期速度が3倍以上早くなっているそうです。

Evernote では、アプリケーションのスピードと安定性が業務効率に大きく影響すると考えています。そこで、Evernote for Mac を一から作り直すことになりました。動作が格段に速くなり、安定性が増して、電力消費量も抑えることに成功しました。また、新機能もいくつか追加しています。

新機能:
● OS X Yosemite に合わせたスマートなデザイン
● 表のサイズが変更可能になりました。背景色や罫線のスタイルも調整できます。
● ノートエディタにて直接、画像のサイズが変更可能になりました。画像をクリックし、右下のハンドルをドラッグしてください。
● 検索結果が関連性の高い順に表示されるようになりました。
● ノートリストの最上部にノートブックの選択メニューが表示され、最近使用したノートブックも記憶されます。
● ノートエディタ上のチェックボックスが改善され、クリックしやすくなりました。
● デフォルト設定で Evernote にログインした状態が保持されます。
● Spotlight からノートを検索できます。
● Evernote アプリ内でメッセージを送受信できるようになりました。このチャット機能を使ってノートを共有し、他の人とコミュニケーションがとれます。

スピード:
● 同期が 3 倍以上速くなりました。特に、大量の共有ノートブックがあるユーザや Evernote Business ユーザは違いを実感できるはずです。
● 新規ノートは瞬時に同期され、お使いの他のデバイスですぐにアクセス可能になります。
● ノートを共有する時に、同期完了を待つ必要が無くなりました。
● アプリの起動と終了が格段に速くなりました。
● 新しいキーボードショートカットが加わり、簡単にノートリストに移動したり (CMD + Shift + ¥)、tab キーで検索ボックス、ノートリスト、ノートの題名、本文の順に移動できます。
● アプリの待機時と使用時の電力消費量が大幅に削減されました。

動作の安定性の改善:
● アプリの強制終了に関する多くの不具合を含む、様々なバグを修正しました。
● Evernote の強制終了の報告送信システムを作り直しました。

新しいプレミアム機能: コンテキスト
● 自分が行っている作業に関連するノート、記事および人物を自動表示します。
● ウォールストリート・ジャーナル(英語版)などから関連記事、および自分の会社や LinkedIn から関連人物が表示されます。

プレゼンテーションモード: デザインの改善と機能追加
● レイアウトパネルからノート上を移動&区切り線を追加できます。
● 大きな画像の場合、画面全体を使って表示できます。
● 表がよりきれいに見えるデザインに改善しました。

デザイン

 Evernote v6.0のデザインは大きく変わり、v5.xに比べカードビュー領域が白くなり、スクリーンショットでは分かりませんがサイドバーは透過処理が施されています。


Evernote-v5-and-v6-over-view

ワークチャット

 ワークチャット機能は、Evernoteアプリ内の資料(ノート)を共有しながら他のメンバーとコミニケーションを取れる機能で。


Evernote-ワークチャットで共同作業

ワークチャット機能では、自分の仕事に関係がある他のメンバーと Evernote 内で直接会話することができます。ノートやノートブックを共有したり、意見交換したり、感想をもらったり、同僚との様々なやり取りが瞬時に可能になります。相手は 1 人でも、何人でも構いません。参照が必要なノートまたはノートブックはチャット上に表示されるので、簡単に開いて見つけることができます。

[ワークチャット機能で Evernote をコラボレーションに最適化 – Evernote日本語版ブログ]

コンテキスト

 コンテキストはEvernote内の情報を元にプロジェクトに役立つコンテンツを自動的に発見してくれる機能で、プレミアム会員が使用することが出来ます。


Evernote-コンテキスト-設定2
メニューバーの [Evernote] > [環境設定…] > [コンテキスト]

Evernote は、独自のアルゴリズムで各文章を解析してプロジェクトを進めるのに役立ちそうなコンテンツを発見します。これは Evernote プレミアムで近日ご利用いただけるようになる、大変パワフルな「コンテキスト」という新機能です。

[【プレミアム機能】コンテキスト: 賢い頭脳が集まることで、より充実したアウトプットが可能に – Evernote日本語版ブログ]

 コンテキストの参照元は”The Wall Street Journal”, “TechCrunch”, “Pando Daily”, “Fast Company”, “Inc.”, そして”LinkedIn”で、これらのサイトのコンテンツと連携して情報を出してくれます。


Evernote-コンテキストの参照元
[コンテキストの参照元]

フォント

 新規ノートに使用するフォントもOS X Yosemiteに合わせてHelvetica Neueに。


Evernote-New-Font

 この他「同期速度が3倍以上速く」「待機時と使用時の電力消費量が大幅に削減」などのパフォーマンス面も向上しているようです。





コメント

  1. Apple7743 より:

    3倍…シャアか( ´Д`)