OS X 10.10 YosemiteのFaceTime経由で電話がかけられるキーパッドアプリ「Continuity Keypad」がv1.0に。通知センターWidgetsにも対応。

スポンサーリンク

 OS X 10.10 Yosemite上に電話のキーパッドを表示してFaceTime経由で電話がかけられるアプリ「Continuity Keypad」がv1.0をリリースしています。詳細は以下から。


Continuity-Keypad-v1-Hero


 Continuity KeypadはOS X YosemiteのContinuity機能を使用してMacからiPhone経由で電話をかけられるアプリで、OS X YosemiteがリリースされるまではBeta版扱いでしたが、先日 v1.0に達成したそうです。


 デザインもBeta版から大きく変わり、iOS 8のデザインから独自デザインに変更されアイコンも新しくなっています。


Continuity-Keypad-v1-and-Beta

 また、連絡先.appに登録されている名前から電話番号を選択でき、Yosemiteの通知センターWidgetsにも対応しています。


CKeypad-Address

 また、Continuity KeypadはMac App Storeでリリース予定で、現在トライアル版が公式サイトからダウンロード可能になっています。

関連リンク:
Continuity Keypad

Continuity Keypad adds a beautiful phone dialer to OS X Yosemite – iDownload


コメント

  1. Apple7743 より:

    これは便利そう。早くリリースして欲しいなぁ。