BeeWare、PythonでネイティブGUIアプリケーションが作成できるクロスプラットフォーム用ツールキット「toga」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 BeeWareがPythonでネイティブGUIアプリケーションが作成できるクロスプラットフォーム用ツールキット「toga」をリリースしています。詳細は以下から。


 「toga」はクロスプラットフォーム(support for Cocoa on OS X, GTK+, and iOS)でGUIアプリケーションを作成することが出来るPython用ツールキットでPython 2&3で使用できます。


Tago-Python-GUI-Tooklit

 OS Xで使用する場合インストール時に”framework”オプションを付けてpythonをインストール($brew install python –framework)し、togaを公式サイトかGitHubからダウンロード。pipでインストールしてやればネイティブGUIアプリとしてtoga-demoが起動します。


toga-website
[tago:pybee.org, GitHub]

 DemoアプリにはComboBox, Switch, Treeなどが組み込まれており、ドキュメントもまだ完璧ではないですが公開されているので興味のある方はどうぞ。。


Tago-Python-Demo-app

関連リンク:
Toga 0.1 documentation – Toga


コメント

  1. Apple7743 より:

    pythonのインストールが必要な時点で、ネイティブとは言えないんじゃ?

  2. Apple7743 より:

    「A Python native, OS native GUI toolkit.」てことでネイティブGUI=Cocoa Framework/GTK+が使えるって意味じゃないかな?
    iOSでも使えるってのが面白そうだけど、MacRubyとかもどっかいちゃった感じだし、USじゃPythonは根強いから「Python as a Foreign Language」で人気でるかな?

  3. Apple7743 より:

    ざっとみた感じwxWidgetsのPython版かな?
    wxWigetsの方がLibrary豊富だけど。