RubyでiOSやAndroidアプリを開発できる「RubyMotion v4.0」がリリース。watchOS 2.0に対応し、無料で使えるStarter editionも公開。

シェアする

スポンサーリンク

 RubyでiOSアプリを開発できる「RubyMotion」バージョン 4.0がリリースされています。詳細は以下から。


RubyMotion-4-Hero


 RubyMotionはMacRubyをベースに2012年からHipByte社が開発しているツール群で、好きな開発環境を利用してiOSデバイスやAndroid, OS XのネイティブアプリをRubyで開発できます。



RubyMotion lets you quickly develop cross-platform native apps for iOS, Android and OS X, all using your favorite editor and the awesome Ruby language you know and love.

[Write cross-platform native apps in Ruby – RubyMotion]

 RubyMotionはサブスクリプション制でIndiaでも199ドル/年必要でしたが、昨日リリースされたRubyMotion v4.0では新たに”Starter edition”が用意されており、iOS 8.4 や Android 5.0など対応OSは限られますが無料で利用、アプリの開発が行えます。


RubyMotion-Starter-edition-Price2

We are happy to introduce RubyMotion Starter, a fully-featured version of RubyMotion, available for free. Download it today!
RubyMotion Starter comes with full support for iOS and Android development. You can call into the entire set of public APIs, test locally on your machine and your devices, and submit to the respective app stores.

[Announcing RubyMotion 4.0: free Starter edition, cross-platform games, watchOS 2.0 – RubyMotion]

 また、RubyMotion v4.0では watcOS 2.0やクロスプラットフォーム用のモバイルゲームエンジン(Flappy Birdも約100行で書ける)などがサポートされているそうなので、気になる方は関連リンクからユーザー登録して使用してみてください。


関連リンク:

RubyMotion (The Pragmatic Programmers)
Clay Allsopp
Pragmatic Bookshelf