macOS仮想マシンの状態の復元をサポートしたApple Silicon Mac用の仮想化ソフトウェア「VirtualBuddy v1.5」がリリース。

VirtualBuddy v1.5 Save Current Status 仮想環境
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 macOS仮想マシンの状態の復元をサポートしたApple Silicon Mac用の仮想化ソフトウェア「VirtualBuddy v1.5」がリリースされています。詳細は以下から。

VirtualBuddy 1.4

 StatusBuddyやAirBuddyなどBuddyシリーズを販売するBuddy Software LTDのGuilherme Ramboさんは現地時間2024年06月02日、AppleのVirtualizationフレームワーク(AVF)を利用してApple Silicon MacでmacOS/Linux仮想マシンを作成できる仮想化ソフトウェアVirtualBuddyの最新バージョンとなる「VirtualBuddy v1.5」をリリースしたと発表しています。

VirtualBuddy for Mac v1.5 update

Adds support for virtual machine state restoration

リリースノートより抜粋

 VirtualBuddy v1.5では、[Window]メニューに仮想マシンライブラリを開くための[Library]項目が追加され、ディスクイメージや仮想マシンの名前の変更時に発生していたバグが修正された他、macOS 14 Sonoma以降でmacOSゲストの現在の状態を保存/復元する機能が追加されています。

VirtualBuddy v1.5 Save Current Status

 VirtualBuddy v1.5では、仮想マシンウィンドウの[Save Current State]ボタンを押すことで、その時点の仮想マシンの状態が保存され、仮想マシンを終了後[State]メニューから、保存された仮想マシンの状態を復元することが可能になっています。

VirtualBuddy v1.5 Save Current Status

 保存した仮想マシンの状態ファイルは以下のディレクトリに保存され、いつでも削除できるので、WWDC24で発表されると思われるmacOS 15のテストなどに使いたい方はチェックしてみてください。

VirtualBuddy v1.5 Save Current State

~/Library/Application Support/VirtualBuddy

VirtualBuddy v1.5リリースノート

  • Adds support for virtual machine state restoration ¹
  • There’s a new “Library” item in the “Window” menu to open the library window
  • Editing the name of a new managed disk image now works as expected
  • Linux guests now use cached mode for block storage devices, addressing a corruption issue that could occur when doing heavy I/O operations (by @jamestut in #332)
  • Improved virtual machine screenshot performance and reliability
  • Addresses a bug that prevented spaces from being inserted into the name of Virtual Machine when editing in the library window
  • Addresses an issue where rapidly renaming the same virtual machine multiple times could cause the name displayed in the library to no longer match the name that’s on the filesystem
  • Fixed some memory leaks
¹ State restoration requires the host to be running macOS 14 or later and a macOS guest. Once a state has been saved, I recommend always starting up from a saved state, otherwise you may encounter VM corruption (this is a limitation of Apple’s Virtualization API).

コメント

タイトルとURLをコピーしました