AppleはmacOS 12 Montereyで「php」のバンドルを終了するもよう。

スポンサーリンク

 AppleはmacOS 12 Montereyで「php」のバンドルを終了するようです。詳細は以下から。

php logo

 Appleは日本時間2021年10月19日午前2時からスペシャルイベント「Unleashed.」を開催し、その中で新しいApple Silicon搭載のMacと、現在Beta版が公開され開発が進められている「macOS 12 Monterey」の正式リリース日も伝えられると思われますが、

macOS 12 Montereyのイベントカレンダー

昨年と同じイベントカレンダーならばmacOS 12 Montereyリリース後に新しいApple Silicon Macの販売が開始。

現地時間2021年10月15日にリリースされた多機能ランチャーAlfred 4.6 for Macのリースノートを見て知りましたが、Apple Developer ForumsのDeveloper Tools Engineerからの回答によると、AppleはmacOS 12 Montereyからスクリプト言語「PHP」のバンドルを終了するようです。

スポンサーリンク

macOSのスクリプト言語

 Appleは2019年に公開したmacOS 10.15 Catalinaで、今後デフォルトでPythonやRuby、Perlといったスクリプト言語のランタイムをバンドルせず、追加パッケージとして提供する可能性があると開発者に通知しており、

Python, Ruby, and Perlが廃止

Scripting language runtimes such as Python, Ruby, and Perl are included in macOS for compatibility with legacy software. Future versions of macOS won’t include scripting language runtimes by default, and might require you to install additional packages.

macOS Catalina 10.15 Release Notes – Apple Developer Documentation

macOS 11 Big Surではphpを実行するとPython同様「phpコマンドはmacOSのレガシィソフトウェアの互換性のために同梱されています。将来のmacOSのバージョンではPHPは同梱されません。」と警告されていましたが、その将来のmacOSがMontereyとなるようです。

WARNING: PHP is not recommended

WARNING: PHP is not recommended
PHP is included in macOS for compatibility with legacy software.
Future versions of macOS will not include PHP.

 PHPコミュニティは既にドキュメントをアップデートしており、開発者コミュニティではphpが必要ならば”brew install php”で必要なバージョンのphpをインストールして以下のパスを通すようにコメントされているので、macOS同梱のphpを利用してWeb開発をされている方はチェックしてみてください。

Using the bundled PHP prior to macOS Monterey

/opt/homebrew/bin/php #Apple Silicon
/usr/local/bin/php #Intel

追記

 Appleが現地時間2021年10月25日に正式にリリースしたmacOS 12 Montereyを確認したところ、phpのランタイムは同梱されておらず、macOS 11 Big Surからのアップグレードでも削除される使用になっているので、ユーザーの方は注意してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    Monterey beta10にはもう無くなってる。
    phpコマンドを叩くと存在しないエラーになる。