iOS 15ではメモとリマインダーアプリがタグに対応しスマートフォルダやスマートリストの作成が可能に。

スポンサーリンク

 iOS 15ではメモとリマインダーアプリがタグに対応しスマートフォルダやスマートリストを作成することが可能になっています。詳細は以下から。

iOS 13のノートアプリのアイコン

 Appleは2015年09月にリリースしたiOS 9/OS X 10.11 El Capitanでメモ(Notes)アプリを刷新し、2019年09月にリリースしたiOS 13/macOS 10.15 Catalinaではリマインダーアプリを刷新しましたが、

iOS13のリマインダーアプリ

WWDC19で発表されたiOS13のリマインダーアプリ

現地時間2021年09月20日にリリースされた「iOS 15/iPadOS 15」では、このメモとリマインダーアプリにタグ機能が実装され、メモとリマインダーへのタグ付けやタグ検索が可能になりました。

iOS15のリマインダーのタグ

スポンサーリンク

タグ付け

 iOS 15のメモアプリのタグ付はテキストエリアにシャープ(#)と入力するだけで、その後の単語がタグとなります。またリマインダーアプリではシャープ(#)から始まる単語をメモ欄に入力するか「タグ」項目で既存のタグや新しいタグを入力することが可能です。

iOS15のメモとリマインダーアプリのタグ付け

既にタグを作成している場合は”#”を入力しただけでQuickTypeエリアに既存のタグがリストアップされます。

 また、メモやリマインダーに付けたタグは両アプリのホーム画面に表示され、絞り込み検索が可能なほか、タグを利用したスマートフォルダとスマートリストの作成も可能になっているので、iOS 15/iPadOS 15へアップグレードされ方はチェックしてみてください。

iOS15のメモとリマインダーアプリのタグ付け

コメント

  1. 匿名 より:

    Bearの特徴が・・・つっても今流行りの機能なんだろうね。
    タグって便利そうで意外に便利に使えた試しがないんだけど、整理のための選択肢が増えるのはありがたいな。