Appleのワイヤレスモバイルバッテリー「MagSafe Battery Pack」がFCCを通過。

スポンサーリンク

 Appleのワイヤレスモバイルバッテリー「MagSafe Battery Pack」がFCCを通過しています。詳細は以下から。

Apple MagSafe Battery Pack

 Appleは現地時間2021年07月13日、iPhone 12シリーズの背面にマグネットで接続できるワイヤレスモバイルバッテリー「MagSafe Battery Pack (A2384)」を来週にも発売しますが、このMagSafe Battery PackがFCC(米連邦通信委員会)を通過しています。

Apple MagSafeバッテリーパック

MagSafeバッテリーパックはiPhone 12とiPhone 12 Proの完璧な位置に磁力でピタッと装着できるので、取りつけが簡単。しかもコンパクトで直感的に使えるデザインです。外出中でも安全で信頼性の高いワイヤレス充電が手間なくできます。

MagSafeバッテリーパック – Apple(日本)

 Appleが公開したMagSafe Battery Packのサポートドキュメントでは、MagSafe Battery Packはスタンドアローン時にはiPhone 12シリーズを最大5Wでワイヤレス充電でき、Lightning接続で20W以上の電源アダプタに接続されている場合はMagSafe for iPhoneの上限である最大15WでiPhone 12シリーズを充電できると記載されていますが、

How to use your MagSafe Battery Pack

FCCに提出されたデータには動作周波数360kHzでのiPhone 12シリーズの充電に加えて、127.7kHzでレガシィなスマートフォンを5W、AirPodsを1Wの受信機(Rx)としてテストしています。

MagSafe for iPhone

 MagSafe Battery Packと互換性のあるデバイスにはiPhone 11以前のiPhoneやAirPodsについては記載されていないので、MagSafe Battery PackにiPhone 11やAirPods Proを載せても充電されない/充電速度が遅い可能性もありますが、AppleのMagSafe充電器やBelkinのBOOST↑CHARGE™ Magnetic Portable Wireless Charger 10KなどはQi充電と互換性があり、レガシィなiPhoneやAirPods Proのワイヤレス充電も可能なので、購入された方はチェックしてみてください。