Apple、MagSafe充電器のサポート情報をアップデートし、最大15W充電に必要なUSB PD電源アダプタの仕様やiPhone 12 miniのワイヤレス充電が最大12Wまで等の情報を追加。

スポンサーリンク

 AppleがMagSafe充電器のサポート情報をアップデートし、最大15W充電が可能なUSB PD電源アダプタの仕様やiPhone 12 miniのワイヤレス充電が最大12Wまでといった情報を追加しています。詳細は以下から。

MagSafe

 Appleは現地時間2020年11月02日、システム管理者向けにiPhone 12シリーズで対応したMagSafeワイヤレス充電(MagSafe充電器)のサポート情報をアップデートし、最大15Wのワイヤレス充電を行うための方法や、USB PD電源アダプタの仕様、iPhone 12 miniのワイヤレス充電の制限について追記しています。

Apple Get up to 15W faster wireless charging

スポンサーリンク

MagSafe充電器

最大15Wの高速ワイヤレス充電を行う方法

 Appleが開発したMagSafe充電は最大15Wのワイヤレス充電をサポートしていますが、アップデートされたサポート情報によると、このワイヤレス充電はiPhone 12シリーズを素早く安全に充電できるように開発されており、システムの状況に応じて最大15Wのワイヤレス充電を行うそうで、

MagSafe充電器で最大15Wワイヤレス充電を行う方法

The actual power delivered to the iPhone will vary depending on the wattage of the power adapter and system conditions. For iPhone 12 mini, the MagSafe Charger delivers up to 12W of peak power delivery.

How to use your MagSafe Charger with iPhone 12 models – Apple Support

iPhoneに供給され電力や電源アダプタや環境によって異なり、現在のところ製品仕様には明記されていませんが、11月06日にプレオーダーが開始されるiPhone 12 miniの場合、MagSafe充電器は最大12Wまでの電力供給となるそうです。

iPhone 12 miniは最大12Wワイヤレス充電に対応

 また、iPhoneをMagSafe充電器で充電するさいの注意点として、iPhoneをMagSafe充電器の上に置く前にMagSafe充電器のケーブルを電源に接続することが重要で、MagSafe充電器を先に電源に接続することでMagSafe充電器はiPhoneに供給する最大電力を決定するため、もしMagSafe充電器のケーブルを電源に接続する前にiPhoneに接続した場合は、iPhoneをMagSafe充電器から取り外し3秒待ってから再びiPhoneをMagSafe充電器に接続すると、最大電力で供給を開始しするそうです。

AppleのMagSafe充電器のコメント

It’s important to plug into a power source before placing your iPhone on the MagSafe Charger. This allows MagSafe to verify it’s safe to deliver maximum power. If you happen to place your iPhone on the MagSafe Charger before plugging into a power source, simply remove your iPhone from the MagSafe Charger, wait three seconds, and then put it back on to resume maximum power delivery.

How to use your MagSafe Charger with iPhone 12 models – Apple Support

 以上の通り、MagSafe充電器はそれ自体が温度やシステム状態に合わせて動的にiPhoneへの電力供給量を最適化しますが、MagSafe充電器は9V/3AでUSB PD充電器にネゴシエーションするように設計されており、その充電器は以下の条件を満たす必要があるそうです。

15Wワイヤレス充電と互換性のある電源アダプタ

 Appleによると、MagSafe充電器で最大15Wのワイヤレス充電を可能にする電源アダプタは以下の仕様を満たす必要があるそうで、加えて、iPhoneにLightningヘッドホンなどのアクセサリーが接続されている場合は規制基準に準拠するため7.5W充電になるそうです

Compatible power adapters for up to 15W faster wireless charging

  • USB-AコネクタではなくUSB-Cコネクタが必要。(MagSafe充電器自体もUSB-Cを採用しています)
  • 電源アダプタは9V/2.22Aまたは9V/2.56A以上の電力供給が可能。
  • iPhone 12 miniは最大12Wの高速ワイヤレス充電を行うために、少なくとも9V/2.03Aの電源アダプタが必要。
  • 9V/2.56A以上の電源アダプタもiPhone 12へ最大15Wワイヤレス充電を行えます*。
*MagSafe充電器は最低12W(5V/2.4A)の電源アダプタでも動作しますが、充電速度は遅くなります。

 また、MagSafe充電器はQi充電と互換性がありますが、MagSafe非対応でQi対応(non-MagSafe Qi-compatible)なデバイスを、MagSafe充電器で充電すると、充電時間が通常のQi充電器より長くなる可能性もあり、今後のiOSアップデートでもMagSafeに関するアップデートが行われるようです。

コメント

  1. より:

    「iPhoneをMagSafe充電器の上に置く前にMagSafe充電器のケーブルを電源に接続することが重要」
    MacRumorsにどの電源アダプタが使えるかの実験動画が掲載されてたけど、なかなか謎な結果になっていたのはこのせいですね。 MagSafe充電器をiPhone 12に貼り付けたまま実験してました。

  2. 匿名 より:

    qi互換とかUSB-Cとかオープン規格の割に結構ガチガチに制限あるのね…
    15W給電のためには公式のiPhone用のUSB-C電源アダプタじゃないとダメとか

    Mac用のUSB-Cアダプタでも12Wに抑えられてたから、これ間違いじゃないのかな
    >Higher wattage adapters at or above 9V/2.56A will also deliver a maximum of up to 15W peak power to iPhone 12*