Logicool、2010年に発売されたM570の後継モデルとなる親指操作タイプのトラックボールマウス「M575」を11月26日より発売。

スポンサーリンク

 Logicoolが2010年に発売されたM570の後継モデルとなる親指操作タイプのトラックボールマウス「M575」を11月26日に発売すると発表しています。詳細は以下から。

Logicool M575

 スイスLogitech(日本Logicool)は日本時間2020年10月28日、2010年に発売され現在でも販売が続いているワイヤレストラックボール「M570(t)」の後継モデルとなる親指操作タイプのトラックボールマウス「ERGO M575 Wireless Trackball (以下、M575)」を2020年11月26日より全国の家電量販店やオンラインストアで発売すると発表しています。

M575

革新的なビジネスツールを世界に提供するLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社:東京都港区、代表取締役社長:笠原 健司)は、「ワイヤレストラックボール M575」を2020年11月26日(木)より全国の家電量販店、オンラインストアで発売します。価格はオープン価格で、ロジクールオンラインストア価格は6,050円(税込)です。

無線トラックボールマウス、10年ぶりのリニューアル 「ERGO M575 ワイヤレス トラックボール」発売 – Logitech

 M575はM570のトラックボールはそのままに、解像度を最大2,000dpiまで調整可能にしたほか、スクロールホイールの角度とクリックエリアを見直し自然な位置で操作できるよう右に傾けて配置し、USBレシーバーに加えてBluetoothによる接続が可能になっているそうです。

Logitech M570tとM575

 M575のサイズは134mm x 100mm x 48mm、重さ145g、カラーはグラファイトとオフホワイト、ブラックが用意され、解像度は400dpi~2,000dpi、総ボタン数は5つで、バッテリーは電池式(単三電池)ですが、新しいセンサーの採用によりUSBレシーバーの場合は単三形乾電池1つで最長24ヶ月、Bluetoothの場合は20ヶ月利用可能となっており、

Logitech M575

システム要件はWindows 8やmacOS 10.13 High Sierra, iPadOS 13.4以降のOSで、専用のユーティリティLogicool Optionsを利用してAdobe Photoshopのズームイン/アウト、Adobe Premiere Proのタイムラインのスクロール、ZoomやMicrosoft Teamsでのミュート機能を割り当てることが可能となっています。

M575の製品仕様

クリックで拡大

スポンサーリンク

おまけ

 プロモーションビデオも公開されてました。