Microsoft、Office 2016 for Macのサポートを本日2020年10月13日で終了。今後はオンライン・ヘルプコンテンツも削除へ。

スポンサーリンク

 Microsoftは同社のオフィススイート「Office 2016 for Mac」のサポートを本日2020年10月13日で終了します。詳細は以下から。

Office 2016 for Mac

 Microsoftは現地時間2020年10月13日、当初の予定通り2015年09月に発売を開始したMicrosoftのオフィススイートOffice 2016 for Macのサポートを終了します。Office 2016 for Macのサポートが終了してもアプリが使えなくなったり、データが失われることはありませんが、

Office 2016 for Mac end of support

Office 2016 for Mac のサポートは、2020 年 10 月 13 日に終了します。 すべての Office 2016 アプリを引き続きご利用いただけますのでご安心ください。コンピューターから表示されなくなったり、データが失われたりすることはありません。 ただし、サポート終了の内容は、次のとおりです。

Office 2016 for Mac のサポートの終了 – Office サポート

Microsoftは2019年のmacOS 10.15 Catalinaリリース後にOffice 2016 for Macのサポート終了(EOS:End Of Support)を本日2020年10月13日と設定し、その後はどのような脆弱性が発見されてもセキュリティ・アップデートを受けられないと説明されていました。

 その後、MicrosoftはOffice 2016 for Macのサポートの終了に伴い、オンライン・ヘルプコンテンツの削除やOffice 2016 for Macからのコンテンツの接続も終了すると発表したので、まだOffice 2016 for Macを利用されている方はOffice 2019(Microsoft 365)へ移行することをお勧めします。

Office 2016 for Macのオンライン・ヘルプコンテンツ

Office 2016 for Macのサポートで出来なくなること

  • Microsoft Update から Office 2016 for Mac ソフトウェアの更新プログラムを受け取ることはなくなります。
  • セキュリティ更新プログラムを受け取ることはなくなります。 セキュリティ更新プログラムは、有害なウイルス、スパイウェア、およびその他の悪意のあるソフトウェアからコンピューターを保護するためのものです。
  • 電話やチャットのテクニカル サポートを受けることはなくなります。
  • コンテンツをサポートするための更新プログラムは提供されなくなります。 その上、ほとんどのオンライン ヘルプ コンテンツが削除されます。

コメント

  1. 匿名 より:

    Office 2019(Microsoft 356)→Office 2019(Microsoft 365) ですね。

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      先程修正したたので昼には更新されているお思います 356 → 356。