AMD、Mac Pro (2019)のMPXグラフィックス「AMD Radeon Pro W5500X」に対応したBoot Camp for Windows 10用dGPUドライバを公開。

スポンサーリンク

 AMDがMac Pro (2019)のMPXグラフィックス「AMD Radeon Pro W5500X」に対応したBoot Camp for Windows 10用dGPUドライバを公開しています。詳細は以下から。


 AMDは現地時間2020年07月08日、Appleが07月02日より販売を開始したMac Pro (2019)専用のMPXモジュールRadeon Pro W5500X (8GB GDDR6メモリ搭載)」に対応したBootCamp for Windows 10用ドライバを公式サイトで公開しています。

AMD Radeon Pro W5500X for Mac Pro Boot Camp Driver

Mac Pro (2019-2020) with Radeon Pro 580x, Radeon Pro Vega II and Radeon Pro W5700X / W5500X
Boot Camp Driver for Windows 10

Apple Boot Camp Software Graphics Drivers – AMD

 Radeon Pro W5500XはハーフハイトのMPXモジュールでHDMI 2.0ポートを2ポートしか搭載していませんが、AppleによるとmacOSではRadeon Pro 580Xと同じくMac Pro (2019)の上部と背面に搭載されているThunderbolt 3ポートを介して最大2枚の4K(3840 x 2160@60Hz)ディスプレイを利用でき、Radeon Pro W5500Xに搭載されているHDMI 2.0ポートと合わせて最大4枚の4Kディスプレイを接続することが可能となっているそうなので、Boot CampのWindows 10環境でも同様の構成が利用できると思われます。

Mac Pro (2019)の上部と背面