Apple、最大4台の4Kディスプレイまたは1台のPro Display XDRを扱うことができるMac Pro (2019)専用のハーフハイトMPXグラフィックス「AMD Radeon Pro W5500X」を発売。

Radeon Pro W5500X(8GB GDDR6メモリ搭載) Mac Pro
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Appleが最大4台の4Kディスプレイまたは1台のPro Display XDRを扱うことができるMac Pro (2019)専用のハーフハイトMPXグラフィックス「AMD Radeon Pro W5500X」を発売しています。詳細は以下から。

Radeon Pro W5500X MPX Module

 Appleは現地時間2020年04月15日、昨年12月に発売を開始したMac Pro (2019)専用のMPX(GPUユニット)「Radeon Pro W5500X(8GB GDDR6メモリ搭載)」を新たにCTOオプションに追加&単体販売を開始しています。

Radeon Pro W5500X(8GB GDDR6メモリ搭載)

8GBのGDDR6メモリを持つAMD Radeon Pro W5500XはAMDのRDNAアーキテクチャをもとに作られ、最大5.6テラフロップスの単精度または最大11.2テラフロップスの半精度の演算性能を持っています。最大4台の4Kディスプレイ、1台の5Kディスプレイ、または1台のPro Display XDRに対応。このハーフハイトMPX ModuleはどちらのMPXベイにも格納でき、もう1つのPCIeスロットを使って拡張することができます。Mac Proは最大2つのRadeon Pro W5500X MPX Modulesに対応し、それぞれのMPXベイに1つずつ取り付けられます。

Radeon Pro W5500X MPX Module – Apple Store

 AMD Radeon Pro W5500XはMac Pro (2019)にデフォルトで搭載されているRadeon Pro 580Xと同じくハーフハイト(Half Hight)のMPXモジュールで、AMDは現在のところプレスリリースを公開していませんが、Appleが今年04月に発売を開始したRadeon Pro W5700Xと同じ7nmプロセスのRDNAアーキテクチャを採用したワークステーション向けGPUのようで、8GBのGDDR6メモリを搭載し、CTOでは+2万円でアップグレードできるようになっています。

AMD Radeon Pro W5500XとW5700X

 製品仕様が公開されていないので不明ですが、出力ポートはHDMI 2.0 x 2ポートで、最大4台の4Kディスプレイをサポートしているため、Radeon Pro 580Xと同じく、Mac Pro (2019)のリアパネルのThunderbolt 3ポートを出力ポートとして利用可能のようで、MPXベイとPCIeスロット2を使って拡張できるため、Promise Pegasus R4iなど他のMPXモジュールを追加することも可能だと思われます。

Mac Pro (2019)のPCIeスロット

Mac Pro (2019)のCTO(グラフィックス)

  • Radeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ搭載) : デフォルト
  • Radeon Pro W5500X(8GB GDDR6メモリ搭載) : + ¥20,000 (税別)New
  • Radeon Pro W5700X(16GB GDDR6メモリ搭載) : + ¥60,000 (税別)
  • Radeon Pro W5700X x 2(各16GB GDDR6メモリ搭載) : + ¥160,000 (税別)
  • Radeon Pro Vega II(32GB HBM2メモリ搭載) : + ¥240,000 (税別)
  • Radeon Pro Vega II x 2(各32GB HBM2メモリ搭載) : + ¥520,000 (税別)
  • Radeon Pro Vega II Duo(2 x 32GB HBM2メモリ搭載) : + ¥520,000 (税別)
  • Radeon Pro Vega II Duo x 2(各2 x 32GB HBM2メモリ搭載) : + ¥1,080,000 (税別)
Radeon Pro W5700Xを利用するにはmacOS 10.15.3 Catalina以上が、Radeon Pro W5500XはmacOS 10.15.5 Catalina以上が必要です。

各モジュール1枚での性能

Radeon Pro
580X MPX Module
New Radeon Pro
W5500X MPX Module
Radeon Pro
W5700X MPX Module
ポートと
バス配置
HDMI 2.0 x2 Thunderbolt 3 x4
HDMI 2.0 x1
単精度演算性能 最大5.6 TFlps 最大9.4 TFlops
メモリ 8GBの
GDDR5メモリ
8GBの
GDDR6メモリ
16GBの
GDDR6メモリ
メモリ帯域幅 256GB/s 224GB/s 448GB/s
Mac Pro (2019)に
搭載可能な数
最大2枚
Thunderbolt 3 なし
*リアパネルの
Thunderbolt 3ポートを
利用可能
4ポート
HDMI HDMI 2.0 x2 HDMI 2.0 x1
4Kディスプレイ 最大6台 最大4台 最大6台
MPX Module x2で最大12台
5Kディスプレイ 最大2台 最大1台 最大3台
不明 MPX Module x2で最大6台
Pro Display XDR
6Kディスプレイ
最大2台 最大1台 最大3台
不明 Radeon Pro W5700X
MPX Module x2で最大6台
Infinity Fabric Link なし サポート
価格 デフォルト 税別60,000円
(CTOでは税別20,000円)
税別100,000円
(CTOでは税別60,000円)
技術仕様 Support 未公開 Support
Link なし Apple Apple

コメント

タイトルとURLをコピーしました