Apple、リファレンスモードのカスタマイズに対応したPro Display XDR用ファームウェア「Display Firmware 2.2.2」をリリース。

スポンサーリンク

 Apple、リファレンスモードのカスタマイズに対応したPro Display XDR用ファームウェア「Display Firmware 2.2.2」をリリースしています。詳細は以下から。

Pro Display XDR

 Appleは現在2020年03月24日、macOS Catalina向けにmacOS Catalina 10.15.4 Build 19E266をリリースしましたが、同バージョンでは32インチRetina 6Kディスプレイを採用したPro Display XDRリファレンスモードをカスタマイズすることが可能になっています。

macOS 10.15.4 CatalinaのApple Pro Display XDRリファレンスモード

特定のワークフローでのニーズに合わせて、色域、ホワイトポイント、輝度、およびトランスファーファンクションなどの複数のオプションから選択して、リファレンスモードをカスタマイズすることができます

リリースノートより

 リファレンスモードはHDR/HD/SDビデオやデジタルシネマ、その他高解像度の写真編集など多様な作業現場に応じたディスプレイの色空間やホワイトポイント、ガンマ、輝度をプリセットし切り替えられる機能で、Pro Display XDR出荷段階では11のリファレンスモードが選択できますが、macOS 10.15.4以降では以下から新しいプリセットを追加できます。

  • Appleメニューからシステム環境設定の「ディスプレイ」をクリック。
  • プリセットのポップアップ・メニューから、「カスタマイズ」を選択。
  • [+]ボタンでカスタマイズした設定をリファレンスモードに追加します。
  • 最後に、カラーガンマやホワイトポイント、SDR Transfer Functionなどを設定し、[Save Preset]ボタンを押せばその設定がリファレンスモードに追加されます。

Apple Pro Display XDRのリファレンスモードカスタマイズ

 また、Appleはこのアップデートに合わせてリファレンスモードのカスタマイズに対応した「Display Firmware 2.2.2」をリリースしているので、Apple Pro Display XDRをお持ちの方は、Appleメニューから[この Macについて] → [ディスプレイ/グラフィックス]で自身のPro Display XDRのファームウェアのバージョンをチェックしてみてください。

Apple Display Firmware 2.2.2 update

Display Firmware 2.2.2

  • Adds support for customized Pro Display XDR reference modes that you can tailor to specific workflow needs by setting color gamut, white point, luminance, and transfer function options. Learn more
  • Minor stability improvements.

What’s new in firmware updates for Apple Pro Display XDR – Apple Support

コメント

  1. 匿名 より:

    だいたいの人には関係ない