VMware、2件の脆弱性と古いmacOSの仮想マシンでカーネル拡張起動できない問題を修正した「VMware Fusion v11.5.2」をリリース。

スポンサーリンク

 VMwareが2件の脆弱性と古いmacOSの仮想マシンでカーネル拡張起動できない問題を修正した「VMware Fusion v11.5.2」をリリースしています。詳細は以下から。

VMware Fusionのアイコン。

 仮想化ソリューションVMwareシリーズを開発&販売している米VMware, Inc.は現地時間2020年03月12日、macOS用仮想化クライアント「VMware Fusion」の最新バージョンのとなる「VMware Fusion /Pro v11.5.2」をリリースしたと発表しています。

VMware Fusion 11.5.2 Release Notes

What’s New
This release of VMware Fusion is a free upgrade for all VMware Fusion 11 users. It contains bug fixes and security updates.

VMware Fusion 11.5.2 Release Notes – VMware Docs

 VMware Fusion v11.5.2では新機能などは追加されていませんが、ローカルにおける特権昇格などCVSSv3で9以上となる「Critical」な脆弱性2件(CVE-2020-3947/CVE-2020-3948)が修正されたほか、OS X 10.9 MavericksからmacOS 10.12 Sierraまでの仮想マシンで、カーネル拡張が起動せずにVMware Toolの機能が一部制限されていた不具合と、アイドル状態後に仮想マシンのキーボードとマウスの入力ができなくなる不具合が修正されているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

VMware Fusion 11.5.2 Pro

Resolved Issues

  • The VMware Tools kernel extensions can’t be launched on a virtual machine with older macOS versions.
    In a virtual machine running macOS version 10.9 to 10.12, after installing VMware Tools, it’s kernel extensions cannot be launched. As a result, VMware Tools functionality is limited.

    This issue is now resolved.

  • The remote virtual machine’s keyboard and mouse input is unresponsive after being left idle for a while.
    The keyboard and mouse interactions with a remote virtual machine located on ESXi Server or vCenter Server work well after VMware Fusion initially establishes connection. However the remote virtual machine doesn’t respond to keyboard and mouse input after being left idle for a while.

    This issue is now resolved.