YouTubeなどの動画共有サイトで公開されている動画をダウンロードできるコマンドラインツールyoutube-dlをGUI化した「ViDL for Mac」がリリース。

スポンサーリンク

 YouTubeなどの動画共有サイトで公開されている動画をダウンロードできるコマンドラインツールyoutube-dlをGUI化した「ViDL for Mac」がリリースされています。詳細は以下から。

ViDL for Mac

 YouTubeやVimeoなど動画共有サイトから動画をダウンロードするサービスやアプリには、バックグラウンドでPython製のコマンドラインツールyoutube-dlが利用されること多いですが、このyoutube-dlをGUI化した「ViDL for Mac」アプリを、iOSアプリPythonistaシリーズを開発しているOle Zornさんが公開しています。

ViDL for Mac

ViDL is a free Mac app that allows you to easily download videos from YouTube and hundreds of other websites for offline viewing.It is based on the popular youtube-dl command line tool, but much easier to use, especially with videos/playlists that require a login (like your personal “Watch Later” list).

ViDL for Mac – Omz:software

 ViDL for Macはyoutube-dlと同じく、YouTubeやVimeo、Twitter、ニコニコ動画などyoutube-dlサポートサイトで公開されている動画のURLを入力し動画をダウンロードするだけでなく、In-App Browserを利用してYouTubeにログインすることによりWatch Later listやPlaylistの一括ダウンロードが可能なほか、Safari機能拡張も同梱され、Safariで再生している動画をワンクリックでダウンロードすることも可能です。

ViDL for MacのSafari機能拡張

 また、動画共有サイトで公開されている動画のオーディオのみをダウンロードするオプションや、頻繁にアップデートされるyoutube-dlコンポーネントのアップデート、ffmpegを利用した.mp4形式への変換機能もサポートしており、

ViDL for Macのオプション

Appleの公証も取得済みで、youtube-dlはAppleのDeveloperサイトに公開されているWWDCのセッション動画のダウンロードにも対応しているので、興味のある方は個人使用の範囲内で利用してみてください。