macOS/iOSのSafariでも近くイメージと動画の遅延読み込み「Lazy Image Loading」がサポートされるもよう。

スポンサーリンク

 近くSafariでもイメージと動画の遅延読み込み「Lazy Loading」がサポートされるそうです。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 Appleは現地時間2020年02月19日、macOS 10.14 MojaveおよびmacOS 10.15 Catalina向けにデフォルトブラウザであるSafariの次期バージョンで採用が予定されている新機能を導入した「Safari Technology Preview v101」をリリースしましたが、同バージョンでは[Experimental Features]にリリースノートに記載のない「Lazy Image Loading」が追加されていたので調べていたところ、

Safari Lazy Image Loading

Apple WebKitチームのSimon Fraserさんが、WebKitでもイメージと動画の遅延読み込み(Bugzilla : lazy image loading)の実装を終え、Safari Tech PreviewのFeature Statusページをアップデートするとツイートしていたので、近くmacOS/iOSのSafariでもLazy Image Loadingがサポートされるようです。

Safari Technology Preview v101ではうまく動作しないもよう。
スポンサーリンク

おまけ

 Lazy (Image) Loadingはimgタグなどにloading=“lazy”属性を付けることで、それらのコンテンツが以下のようにスクロールに合わせて読み込まれるためデータ転送量やメモリ使用量を減らせる事ができる機能で、

Googleは2019年07月にリリースしたChrome 76、Operaは2019年10月にリリースしたOpera v64でサポートしており、Mozillaは2020年04月リリースのFirefox 75でサポート予定となっています。

Lazy loading via attribute for images iframes caniuse