iFixit、Mac Pro (2019)の分解レポートを公開。キャスターの交換も可能で修理もしやすいもののSSDは独自仕様。

スポンサーリンク

 iFixitがMac Pro (2019)の分解レポートを公開しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2019年12月10日、Apple T2チップを搭載し最大28-Core Intel Xeonと1.5TBメモリ、Apple AfterburnerアクセレーターやApple独自のMPXモジュールを搭載可能なMac Pro (2019)の販売を開始しましたが、米iFixitがこのMac Pro (2019)の分解レポートを公開しています。

Mac Pro (2019) in house

The Mac is back and more Pro than ever, throwing away the cylindrical “trash can” design in favor of something that resembles a computer. Its appearance may harken to the original Mac Pro from 2006, but can it compare in the repairability department? We dropped six thousand dollars and one block of hard cheddar to find out. Let’s tear it down.

Mac Pro 2019 Teardown – iFixit

スポンサーリンク

Mac Pro 2019 Teardown

 Mac Pro (2019)は元々メンテナンスや拡張性が高く、ユーザーがGPUやメモリ、PCIeカードを増設可能なため、内部にアクセスするには特殊ネジやヒートガンなどは必要なく、MPXモジュールのGPUメモリを交換可能で、既にOWCなどのサードパーティメーカーがAppleのCTOより低価格なDDR4 EEC準拠のDIMMメモリを販売しています。

Mac Pro (2019)のメモリとGPUへアクセス

iFixit

 また、Apple StoreのCTOでキャスター付きを選択すると+4万4千円となるステンレススチールフレームについては、AppleはAppleまたは正規サービスプロバイダでの交換が必要と記載していますが、iFixitによると、このステンレススチールフレームから脚を取り外すのはアクセスしにくいものの、4mmの6角レンチがあれば可能だとしています。

Mac Pro (2019)の脚とキャスター

The feet are held in place with just one screw each—although the screws themselves are buried deep in slots in the space frame pillars, making them a bit awkward to access. We make do with a 4 mm hex key and a Mako driver for extra leverage.

Mac Pro 2019 Teardown – iFixit

 また、Appleは交換ガイドを公開していませんが、ロジックボード(M/B)の裏からヒートシンクを外せばCPU (Intel Xeon)にもアクセス可能で、ソケットタイプはLGA 3647。iFixitはMac Pro (2019)の修理難易度を最も優しい10点から1点引いた9点としており、その理由として、Apple T2と紐付けされたApple独自仕様のSSDモジュール(iMac Proと同じデザイン)とパーツの交換が必要になった場合のApple製パーツの価格だとしています。

Mac Pro (2019)のXeonとSSD

  • The SSD cards are modular, but custom-made by Apple, complicating replacement.
  • If you need a replacement part that’s not on Apple’s limited list of approved repairs, you’ll likely pay a dizzying price—if you can find them at all.