Apple、iCloudメールのDMARCポリシーを変更。Apple以外のサービスから送信したメールが迷惑メール扱いになる場合も。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが2018年7月2日よりiCloudメールのDMARCポリシーをQuarantineへ設定したと発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年08月08日、システム管理者向けに公開しているiCloudメールのPostmasterの情報をアップデートし、現地時間2018年07月02日よりiCloudメールのドメイン認証システムをアップデートし、iCloudメールのDMARCポリシーにQuarantine(検疫/隔離)を設定したと発表しています。

If a sending domain publishes a Domain-based Message Authentication, If Reporting, and Conformance (DMARC) policy, iCloud Mail honors the domain’s policy. All iCloud Mail domains also have a DMARC (“p=quarantine”) policy*, which indicates to a mail provider that an email from an iCloud email address that fails SPF and DKIM email authentication should go to the recipient’s Junk folder.

*The policy took effect on July 2, 2018.

Postmaster information for iCloud Mail – Apple Support

スポンサーリンク

DMARC

 このポリシーはiCloudドメインのアドレス(@icloud.com)だけでなく、Appleが所有している@me.comや@mac.comアドレスにも反映されており、米クラウドメール配信サービスSendGridのJacob Hansenさんは、これによりAppleのインフラストラクチャー以外からこのアドレスを使用してメールが送信された場合、そのメールがSPAM(迷惑メール)フォルダに分類されているとコメントしています。

What did Apple change and how does it affect senders?
This week, Apple advanced their DMARC policy to an enforcement level of quarantine. Any commercial email sent from an @mac.com, @me.com, and @icloud.com email address will be sent to the SPAM folder unless it is being sent by Apple’s infrastructure.

How Apple’s DMARC Changes Affect Email Senders | SendGrid

 DMARCポリシーの変更は迷惑メール対策やAppleのフィッシング詐欺対策の一環だと思われますが、MacRumrosのJoe Rossignolさんは、長年Gmailで利用してきた@me.comアドレスが07月に入った頃から送信者のSPAMフォルダに分類されていたため、iCloudメール(@me.com)のSMTPサーバーを「smtp.mail.me.com」に変更することで修正できたとレポートしているので、心当たりのある方はAppleのサポートページをチェックしてみてください。