Safariで開いているタブをリスト化しクリップボードにコピーしてくれるアプリ「Tabs to Links」がSafari v12.1の新APIによりSafari機能拡張として利用可能に。

スポンサーリンク

 Safariで開いているタブをリスト化しクリップボードにコピーしてくれるアプリ「Tabs to Links」がSafari v12.1の新APIによりSafari機能拡張として利用可能になったそうです。詳細は以下から。

Tabs to Links.app

 9to5MacのエディタでmacOS/iOSアプリエンジニアでもあるBenjamin Mayoさんは現地時間2019年04月27日、macOS 10.14.4 Mojaveに同梱されている「Safari v12.1」で新APIが追加されたことにより、自身が開発&公開しているTabs to LinksがSafari機能拡張として利用できるようになったとして、Safari機能拡張の機能を備えた「Tabs to Links v1.2」をリリースしています。

Tabs to Links for Safariの機能拡張

Tabs to Links v1.2

  • A brand new Safari extension provides immediate access to Tabs to Links from inside the browser. Just add it to your Safari toolbar and copy list of links for all the tabs in the current window. This takes advantage of new extension capabilities in Safari 12.1 and therefore requires macOS 10.14.4. The extension is bundled with the Tabs to Links application so there’s nothing extra to download or update.
  • Quickly exclude a few tabs you don’t want to share using the checkmark buttons on the right hand side of the list.
  • Tabs to Links now features a rich Preferences window where you can customize formatting and behavior. Your chosen preferences sync to the Safari extension.
  • Miscellaneous bug fixes.

‎Tabs to Links – Mac App Store

スポンサーリンク

Tabs to LinksのSafari機能拡張

 Tabs to LinksのSafari機能拡張はSafari v12.1以降で利用可能になっており、Tabs to Linksをv1.2へアップグレードしアプリを起動後、Safariの[環境設定] → [機能拡張]を開くと[Tabs to Links 1.2]が追加されているので機能拡張を有効にします。

Tabs to Links

 後はSafariのツールバーに表示されたTabs to LinksのアイコンからタイトルとURLをコピーしたいタブを選んで、[Share Links]ボタンを押すと、タイトルとURLをプレーンテキストやMarkdown形式でクリップボードへコピーすることができます。

その他

 また、Tabs to Links v1.2ではリスト内に共有したくないタブを排除できるチェックボックス[✅]が追加され、設定にはタブを共有する際にリッチテキスト形式と非リッチテキスト形式でのタイトルとURLをどのようにクリップボードへコピーするかを選択できるオプションが追加されています。