macOS 10.14 MojaveのLightとDark Modeをワンクリックで切り替えることができるApple Script。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveのLightとDark Modeをワンクリックで切り替えることができるApple Scriptが公開されています。詳細は以下から。

デスクトップとスクリーンセーバー

 2018年秋にリリースされるmacOS 10.14 Mojaveでは、システム全体のアピアランスを暗くすることができる「Dark Mode(ダークモード)」を利用することができますが、このDark Modeは単にアプリのアピアランスを暗くするわけではないため、

Introducing Dark Mode

AppleはDark Modeに対応したHuman Interface Guidelinesを公開し、Dark Modeを利用する各アプリは対応を求められていますが、このDark ModeとLight Modeをワンクリックで切り替えることができるApple Scripを元Appleのエンジニアで、現在はSnapchatのシニア・ソフトウェアエンジニアを務めるDave DeLongさんが公開しています。

Dark Mode
In macOS 10.14 and later, users can choose to adopt a dark system-wide appearance instead of a light appearance. In Dark Mode, the system adopts a darker color palette for all windows, views, menus, and controls. The system also uses more vibrancy to make foreground content stand out against the darker backgrounds.

Dark Mode – Visual Design – macOS – Human Interface Guidelines – Apple Developer

 Daveさんが公開した「DarkMode.applescript」はmacOS Mojaveのシステム設定アプリのLight/Dark Mode繰返を行ってくれるApple Scriptで、実行すると”Set System Appearance”というポップアップが表示されるので、設定したいモードを[Light]/[Dark]から選択すればシステム設定アプリを開くことなくモードを変更可能で、

DarkMode.applescript

GistからダウンロードしたファイルをApple Scriptエディタで開き、[アプリケーション]形式で保存すればDockからLight/Dark Modeを変更する事もでき、BetterTouchToolやAlfredなどのユーティリティアプリに登録すれば、各アプリのトリガーでLight/Dark Modeを変更できるので、Dark Modeでアプリがどの様に変わるかを簡単にチェックしたい方は利用してみてください。

/Applications/Utilities/Script Editor.app