iOSアプリのView階層を3D表示できるMac用デバッグツール「Reveal」がWWDC2018記念で20%OFFセール中。

シェアする

スポンサーリンク

 iOSアプリのView階層を3D表示できるMac用デバッグツール「Reveal」がWWDC2018記念で20%OFFセール中です。詳細は以下から。

Revealアプリのアイコン

 RevealはオーストラリアのItty Bitty Appsが開発&販売している開発者向けのデバッグツールで、WebKitのインスペクターのようにiOSアプリのView構造を2D/3D表示してレイヤーの重なりや制約(Constraint)をチェックできますが、このRevealアプリがWWDC 2018開催記念セールを行っています。

Reveal app for Mac

With advanced visualisations, comprehensive inspectors and the ability to modify applications on the fly, you’ll be debugging view layout and rendering problems in seconds.

Reveal – Runtime view debugging for iOS & tvOS apps & extensions – Itty Bitty Apps

 セールとなっているのはRevealのパーソナルと商業の2ライセンスで、パーソナルライセンスは1ユーザーあたり通常価格59ドル(税別)のライセンスがクーポンコードWWDC18を入力することで20%OFFの約47ドル(税別)となり、商業ライセンスは119ドルが95ドルとなります。

 現在最新バージョンとなっているReveal v15のシステム要件はmacOS 10.12 Sierra/iOS 8/Xcode 8以上で、14日間利用可能なトライアル版も公開されているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

Reveal App Trial