Mac用メンテナンスユーティリティ「OnyX」がmacOS High SierraでのAPFSボリュームの検証に対応。

スポンサーリンク

 Mac用メンテナンスユーティリティ「OnyX」がmacOS High SierraでのAPFSボリュームの検証に対応しています。詳細は以下から。

High Sierraに対応したOnyXのアイコン

 フランスのTitanium Softwareは現地時間2017年10月10日、先日macOS 10.13 High Sierraに対応したMac用メンテナンスツール「OnyX」をv3.3.6へアップデートし、APFSボリュームの検証に対応したと発表しています。

APFSボリュームの検証に対応したOnyX

OnyX version 3.3.6

  • Bug corrected that occurred when checking an APFS volume
  • Summary Service added in the Appplications tab of the Utilities pane
  • Additional changes made

リリースノートより

 OnyX v3.3.6では不具合のためグレーアウトされていた[メンテナンス]タブの[起動ボリュームの検証]機能が利用できるようになり、加えて[ユーティリティ]タブの[アプリケーション]に要約サービスの起動ボタンが追加されているので、High SierraへアップグレードしたMacのメンテナンスを行いたい方はチェックしてみて下さい。

High Sierraの要約サービス

  • OnyX – Titanium Software