スクリーンショットの管理からスクリーンキャプチャの編集までを行えるMac用アプリ「Capto」がリリース。

スポンサーリンク

 スクリーンショットの管理からスクリーンキャプチャの編集までを行えるMac用アプリ「Capto」がリリースされています。詳細は以下から。

Capto-Hero-logo-icon

 先日PRの来ていたMac用スクリーンキャプチャ&キャストアプリ「Capto」をインドGlobal Delight Technologies Pvt. Ltd.がリリースしています。

Capto-video-edit

Capto is an easy-to-use app that takes capturing, recording, video and image editing to the next level. With an intelligent file manager and quick sharing options, Capto is perfect for teachers, students, creative professionals and anyone in need of a powerful screen capture tool.

Capto – The Screen Capture and Video Editing Software for Mac

 Captoはスクリーンショットの管理だけでなく、スクリーンショットへ注釈やオブジェクト挿入、一部のハイライト表示、トリミング、モザイク加工などが可能なのに加え、スクリーンキャプチャの編集も可能になっています。

 Captoの価格はMac App Store版が3,600円、公式サイト版が32.99ドルとなっており、Global DelightはCaptoの公開に合わせ、15日間利用が可能なトライアル版と多数のチュートリアル動画を公開しているので、購入を検討される方はチェックしてみてください。

Capto 3,600円

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    さっそく試してみたけどよかった。
    安いしね。

  2. 匿名 より:

    簡単に画面収録できるのはいいかも

  3. 匿名 より:

    動画撮る時にQuickTimeと違ってFPSいじれるし、ドライバインストールすればMacの音もSoundflowerとか使わずに録れるから、実はこれ実況者にすごく便利なのでは?

  4. 匿名 より:

    逆にこれまで他にこういうソフトがなかった?のが不思議

  5. 匿名 より:

    >>4
    画面撮れるソフトは沢山あったけど、よく分からない編集機能がついたのはこれが初めてかな?