Apple、新しいApple WatchページのナビゲーションにSafari 9でサポートした「Backdrop Blur」CSSフィルターを使用。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleは新しいApple Watchの製品紹介ページにSafari 9でサポートした「Backdrop Blur」フィルターを使用しているそうです。詳細は以下から。

Safari9-New-Security-Hero

 AppleのWebサイトには「click」が卑猥な文字に見えないような細工や、求人広告細かいWebGLなどが採用され、Webデザイナーの方々を楽しませていますが、Appleが3月22日に公開した新しいApple WatchのページにもSafari 9でサポートされた技術が利用され話題になっているそうです。

Apple-Watch-Site-use-Backdrop-Blur-Filter-zoom2

スポンサーリンク

Backdrop Blur Filter

 AppleはiOS 7, OS X 10.10 YosemiteからUIにBlurを採用し、Safari 9ではこのBlurをWeb上でも利用可能な「Backdrop Filters」がサポートされていますが、Appleは新しいApple WatchページのナビゲーションにこのCSSフィルターを採用しているそうで、

WebデザイナーのMengさんがこのCSSフィルターのデモ動画を公開しているので、気になる方はSafari 9以降でチェックしてみてください。

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    日本の普通の企業なら「IEでも同じものが見えるようにサポートしろ!」て言われるけど
    まだW3Cドラフト段階のプロパティーを何気なく使っちゃうところに大企業のセンスを感じる…
    ttps://drafts.fxtf.org/filters-2/#BackdropFilterProperty

  2. 匿名 より:

    前のめりな姿勢はいいと思う。
    ただ最新のChromeでもカクカクするページなので、作りはイマイチだと思うな。
    すごい綺麗ってよりは普通にスクロールできる程度のページ作ればいいのに。