macOS 10.12 SierraのSafari 10ではページの常時拡大や機能拡張の権限の範囲が明確に。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 SierraのSafari 10ではページの常時拡大や機能拡張の権限の範囲が明確になっています。詳細は以下から。

Safari-logo-icon

 AppleおよびWebKitチームは本日、macOS 10.12 Sierraと共にSafari v10をリリースしましたが、このSafari v10にはPinP機能だけではなく、幾つかの小さな変更点が含まれています。

macos-sierra-safari-pinp-macbook-pro

ページの常時拡大

 AppleのSafariではv9まで詳細設定の詳細タブから「これより小さいフォントサイズを使わない」というオプションが利用できるようになっていましたが、Safari v10からは「ページの拡大/縮小」というオプションに変更されており、

safari-v10-page-zoom

このオプションを利用することでフォントだけではなく、Webサイトの画像やアセットなどコンテンツそのものが常時拡大表示されるようになります。

safari-9-and-10-page-zoom

機能拡張

 開発者はSierraのSafari v10から新たにMac App Storeを通してSafariの機能拡張を配布または販売することが可能になりましたが、これに合わせてSafari v10の機能拡張タブにはその機能拡張がどの範囲までの読み書き権限などを持っているかが明記されるようになっています。

macos-sierra-safari-v10-auth

新しい履歴・ブックマークビュー

 Webサイトの履歴やブックマークビューのデザインもSafari v10で少しだけ代わり、リストスタイルなどが変更されています。

safari-9-and-10-page-history