MacBook ProのTouch Barで確認されている不具合まとめ。

スポンサーリンク

 MacBook ProのTouch Barで確認されている不具合のまとめです。詳細は以下から。

touchbarlauncher-logo-icon

 ファンクションキーに置き換わる新しい入力デバイス「Touch Bar」を搭載した新しいMacBook Proには、現在AppleがMac App Storeを通して配布しているmacOSは別に、以下のmacOS Sierra 10.12.1のbuild違いが搭載されTouch Barをサポートしていますが、このbuildにもいくつかの不具合が確認されています。

  • MacBook Pro (15-inch, Late 2016)
    ▶ macOS Sierra 10.12.1 build 16B2659
  • MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
    ▶ macOS Sierra 10.12.1 build 16B2657
  • MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
    ▶ macOS Sierra 10.12 build 16A2323a
  • Touch BarをサポートしたmacOS 10.12.1
    ▶ macOS Sierra 10.12.1 build 16B2657
  • Mac App Storeアップデート版macOS 10.12.1
    ▶ macOS Sierra 10.12.1 build 16B2555

絵文字が表示されない

 一番多く報告されている不具合はTouch Bar上に絵文字を表示すると、Touch Barシミュレーターには絵文字が表示されるのにもかかわらず、実際のTouch Bar上に何も表示されなくなり操作が出来なくなるといもので、その後はTouch Barの操作が出来なくなるようです。[1, 2, 3, 4]

スライダーがエリア外になる

 輝度などNSTouchBarのスライダーコントロールをTouch Barの端に持っていくと、スライダーがTouch Barディスプレイの外に出て操作できなくなるそうなので、不具合が修正されるまではスライダー項目をTouch Barの中ほどに設定して利用するしか無いようです。

パスワードが表示される

 AppleはTouch Bar上にオートコンプリート機能の候補を表示する様にデフォルトで設定していますが、Touch Barに対応していないアプリでこの機能を利用すると、パスワードフォールドに入力したパスワードが表示されてしまう問題が確認されています。

lastpass-password-filed-on-touch-bar