MacBook Pro Late 2016 Touch Bar搭載モデルのSSDはロジックボードに固定されており、ユーザーの交換は不可能。

スポンサーリンク

 MacBook Pro Late 2016 Touch Bar搭載モデルのSSDはロジックボードに固定されており、ユーザーの交換は不可能となっているそうです。詳細は以下から。

macbook-pro-late-2016-touch-bar-ssd

 MacRumorsによると、新しいMacBook Pro Late 2016 Touch Bar搭載モデルは、Touch Bar非搭載モデルと違いSSDがロジックボードに固定されておりユーザーが交換することが不可能になっているそうです。

MacRumors reader Jesse D. unscrewed the bottom lid on his new 15-inch MacBook Pro with a Touch Bar and discovered, unlike the 13-inch model sans Touch Bar, there is no cutout in the logic board for removable flash storage. Another reader said the 13-inch model with a Touch Bar also has a non-removable SSD.

15-Inch MacBook Pro With Touch Bar Has Non-Removable SSD – MacRumros

Touch Bar搭載/非搭載モデルのSSD

 iFixitなどによると、スペシャル・イベント「hello again」後、直ぐに発売されていたTouch Bar非搭載モデルの13インチMacBook Proにはシングルファンが採用され、ここに取外し可能なSSDが搭載されていましたが、

macbook-pro-late-2016-single-fan

MacBook Proを購入したMacRumorsの読者によると、Touch Barを搭載したMacBook Proは13および15インチともSSDがロジックボードに固定され、RAMと同様にシールディングされておりユーザーが交換することが不可能になっているため、

macbook_pro_late-2016-touch_bar_ssd

ストレージ容量が必要なユーザーはAppleのオンラインサイトなどでストレージをカスタマイズしてから購入する事をお勧めします。

コメント

  1. 匿名 より:

    ファーーーーーーwwwwww

    マジかよ

  2. 匿名 より:

    つまりssdが死んだ時点でただの折りたたみインテリアになるのか。
    信仰心が試されるな。

  3. 匿名 より:

    薄くしたいけど、技術的に難しいことはしたくない
    結果整備性を犠牲にしている感が
    ちなみにバッテリーなんて、接着剤でついているらしい
    バッテリーだめになったら、本体交換だね