MacBook ProのTouch Barには左角にある空白のエリアにもタッチセンサーがあり、[ESC]キーなどシステムボタンの操作が可能。

スポンサーリンク

 MacBook Pro Late 2016のTouch Bar左にはセンサーがあり、[ESC]キーなどシステムボタンとしても利用できるようです。詳細は以下から。

macbook-pro-early-2015-late-2016-logo-icon

 既に出荷が始まったTouch Bar搭載のMacBook Pro Late 2016モデルですが、AppleはこのTouch Barの左側に[ESC]キーや[Cancel]キーなどを配置するシステムボタンエリアを”Human Interface Guidelines“で定めており、公式サイトや基調講演でもその様子が映し出されていますが、

macbook-pro-late-2016-touch-bar-left-arrow

さらにその左横に空白のエリアがあり、このエリアがどの様な役割をするのかが話題になっていましたが、基調講演後に新しいMacBook Proに触れる機会があったJohn Gruberさんによるとこのエアリは[ESC]キーなどシステムボタンを操作する事が可能で、

以下の動画の様に、この空白のエリアにもタッチセンサーが広がっており、タッチすると[ESC]表示が反転しトリガーされるそうで、他のハンズオン動画でもこの事に触れられているので、購入する前に展示品などをチェックされる方は確認してみてください。

John Gruberさんはこの動画を載せたツイートを既に削除しましたが、Appleからメディアレビュー用のTouch Bar搭載モデルを送ってもらった他のメディアもフライングで公開した動画や画像を削除しているのでその関係だと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    viが使いにくくならなければいい。

  2. 匿名 より:

    表示は空白だけど、実質的には一番左の仮想キーが存在する(左側に延長している)とみなしていいのかな

  3. 匿名 より:

    さもありなん。これで「エスケープキーがない」という根拠に欠ける悲鳴も収まるだろう。