現在のところMacBook Pro Late 2016にLinuxをインストールするのは難しいもよう。

スポンサーリンク

 現在のところMacBook Pro Late 2016にLinuxをインストールするのは難しいようです。詳細は以下から。

ubuntu-logo-icon

 Linuxのセキュリティ情報などを扱っているnixCraftによると、現在Redditで新しいMacBook Pro Late 2016 Touch Bar非搭載モデルでLinuxがブートできないという問題が話題になっているそうです。

Problems so far,
intremap=nosid is required to even boot with Linux. Otherwise you get a black screen after GRUB.
Built in keyboard and mouse not working. Only the power key works to force reboot (non-touchbar). There’s a patch for the 2015 MacBook that may or may not work here:
ttps://github.com/cb22/macbook12-spi-driver
Worst of all, the NVMe SSD has the wrong PCI class ID, so it won’t work as a boot drive.
ttps://bugzilla.kernel.org/show_bug.cgi?id=99891#c11
The internal drive does not show up in the Ubuntu installer at all. It’s basically unusable as a Linux laptop. I have a $2800 disappointment.

Warning: 2016 MacBook Pro is not compatible with Linux : Ubuntu – Reddit

 これについて、CoreOSの開発者Matthew Garrett(mjg59)さんはHacker Newsで、MacBookにLinuxをインストールするには以下の3つの問題をクリアする必要があるとコメントしており、

  1. MacBookのインプットデバイスはUSBではなく、SPIを利用している
  2. AppleのNVMEは独自/不正なPCIデバイスクラスを利用しているため互換性がない
  3. IRQリマップング時にソースIDチェックが有効になっているとブート時にシステムがハングアップします

これらの問題はAppleが新しいMacBookを発売し、NVMEを採用しだした時から徐々に明らかになっていったそうで、もしMacBookにLinuxをインストールしてもキーボードやトラックパッド、SSD、Wi-Fiなどをサポートするのは難しくなってきているそうです。(Touch Barも同様だと思われます)

コメント

  1. 匿名 より:

    記事とは関係ないけどタイトルロゴが変わってる!

  2. 匿名 より:

    SPI=Serial Peripheral Interface
    マスター -> スレーブ信号
    マスター <- スレーブ信号
    マスター生成のクロック
    最低限この3線でデバイスを接続できる。必要な信号線が少ない=省コスト。

  3. 匿名 より:

    リタイヤしたMacにLinux突っ込んでる身としては無視できないな。
    今はMacBook Air 13インチ Mid 2011にUbuntu入れてる。

  4. 匿名 より:

    詳しくないのですが、Parallelsとか仮想環境で問題あったらきついなあ。

  5. 匿名 より:

    Hypervisor.frameworkがあるし、仮想環境が動かせなくなるのはまずないと思うが・・・