ホスト指定や特定のサイトのJavaScriptをルール分けしてブロック出来るオープン・ソースのSafari用機能拡張「JS Blocker 5」がリリース。

スポンサーリンク

 ホスト指定や特定のサイトのJSをルール分けしてブロック出来るオープン・ソースのSafari用機能拡張「JavaScript Blocker 5」がリリースされています。詳細は以下から。


JS-Blocker-Hero


使い方

 ”JavaScript Blocker”はTravis Romanが開発しているSafariの機能拡張で、その他の通りサイトに使用されているJSをブロックすることが出来ます。使い方は、公式サイトから”JSB5.safariextz”をダウンロードしてインストール。有効になるとセットアップ画面が現れ、セットアップが完了すると以下の機能が使用可能です。


JS-Blokcer-Setup

機能

 JS Blocker 5は以下の4つのタブに分かれており、それぞれの役割は以下の通り

  • Page:表示しているサイトのJSのホストや数を表示しブロックなどのルール分けを行う
  • Rules
    • For Pageで設定したJSのルールを表示
    • Temporary:暫定的に処理したJS
    • Always:設定したルールに基づいて処理したJS
    • Filter List:デフォルトで設定されているマルウェアサイトのフィルタ
  • Settings
    • General:フォントやバッチに表示する数の設定などJavaScript Blockerの設定
    • Rules:ホワイト/ブラックリストの有効無効
    • Snapshots:設定したルールのバックアップを5つ保存可能
    • User Scripts:ユーザーが指定したJS
    • Other:その他の設定
  • Help:今後追加予定

 JS Blockerは全てのJSをブロックするわけでなく、ホストを指定して(正規表現も使用可能) JSをブロックすることが可能で、Safari左上のアイコンにブロックしたJSの数がバッチとして表示されます。


JS-Blocker-Feature-Page

 また、SettingsタブではJS Blockerの基本設定他、ルール分けしたJSから作成したホワイト/ブラックリストの有効無効を切替えることも出来ます。


JS-Blocker-Feature-Settings

 システム要件はOS X 10.7.5でSafari 6.1以上で、旧JavaScript Blocker v4.xから新しいリポジトリへ変更になっているので、興味がある方は関連リンクからGitHubか公式サイトへどうぞ。*先ほど確認したところGitHubでリリースされているのはアルファ版まででしたので、最新版を使用したい方は公式サイトへどうぞ。

関連リンク: