音声データ書き起こし用テキストエディタ「Interview Writer」がリリースされたので使ってみた

スポンサーリンク

 音声データ書き起こし用テキストエディタ「Interview Writer」がリリースされたので使ってみた。詳細は以下から。

 Interview Writerは音声データを取り込み、音声を再生しながら手動でテキスト入力していく(書き起こし)事のできるテキストエディタです。


Interview-Writer-Hero

 使い方はまず[File]>[New Project]でプロジェクトを作成し「Shift + Command + A」で音声データを読み込んだら、「Command + Enter」で音声を再生しながら書き起こししていきます。

Interview-Writer-Time-Stanp-1


 
interviewScribe
CasualTranscriberの様に再生速度調整や音声解析、イコライザ機能はありませんがその他にも

interviewScribe-Hero-1
CasualTranscriber-Hero

・「Command+:」で全体の再生時間をペースト

・「Command+;」で再生中の時間をペースト

・「Command+j, Command+k」で巻き戻し、早送り
が出来ます。

Interview Writer 無料


Interview-Writer-logo-icon2
Interview Writer
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
リリース日: 2014/03/09


*OGPのmetaタグが「interviewScribe」になっていました、正しくは「Interview Writer」です。申し訳ございません。
**「自動文字起こし」ではなく、あくまでも「音声を再生しながらテキスト入力していく」ことのできるアプリです。


コメント

  1. 岸政彦 より:

    こんにちは、Interview Writerの開発をした岸政彦です。このたびは取り上げてくださってありがとうございました。ところで、metaタグのなかの記述が「interviewScribe」になっています。正しくは上記の通り「Interview Writer」です。たいへんお手数をおかけして恐縮ですが、訂正していただければ幸いです。よろしくお願いします。

  2. Apple7743 より:

    音声を流したら自動で文字化してくれるとかだったらよかったのになあ。

  3. Apple7743 より:

    ありそうなもんだけどね