Apple、macOS 10.13 beta 5に「Mac Pro (Mid 2012)」用のファームウェア・アップデートを同梱、APFSをサポート。

スポンサーリンク

 Appleは本日公開したmacOS 10.13 High Sierra beta 5に「Mac Pro (Mid 2010)」用のファームウェア・アップデートを同梱し、APFSをサポートしています。詳細は以下から。

Mac Pro Mid 2012のロゴ

 Appleは本日、開発者向けに「macOS High Sierra 10.13 beta 5 Build 17A330h」を公開しましたが、同アップデート内には機種 ID「MacPro 5,1」用のファームウェア・アップデーターが同梱されており、

Mac Pro Mid 2012 Firmware Update and support APFS

Yeah you get a firmware update! 😮 first time the 5,1 has gotten a firmware update in ages!

APFS support enabled in High Sierra for cMP – MacRumors Forums

MacRumors ForumやMacAdminsのメンバーによると、対応するMac Pro (Mid 2012)にmacOS 10.13 beta 5をインストールしようとすると、以下の様な警告が表示されアップデート後はファームウェアが”MP51.0083.B00″へアップデートされているそうで、これによりAPFSボリュームからの起動が可能になっているそうです。

To install macOS High Sierra, click “Shut Down” and wait for your Mac Pro to power off. Next, hold the power button until the power indicator light flashes or you hear a long tone. A gray screen with an Apple logo and progress bar will display while the update is in progress. When the update is complete, your Mac Pro will start up normally.
The update may take a few minutes.
Do not shut down or restart your Mac Pro while the update is in progess.

tuxudoさんのTwitterより

ファームウェアアップデートについて

 macOS High Sierra 10.13はまだBeta版のため、Appleは今のところサポートドキュメントなどを公開していませんが、表示されるアップデート方法は「Mac Pro EFI ファームウェア・アップデート 1.5」の方法と同じようなので、対象のMac Proを利用されている方はバックアップを作成し、周辺機器などを取り外してからアップデートしてみて下さい。

Mac Pro EFI ファームウェア・アップデート 1.5

ファームウェア・アップデートを完了するには、インストールが終了し、Mac Pro がシステム終了するまで待ちます。電源ボタンを押し続け、電源のインジケータランプが点滅するか、長めの音が聞こえたら、電源ボタンを離します。アップデート中は、グレイの画面に Apple ロゴとアップデートの進行状況を示すバーが表示されます。アップデートが完了すると、Mac Pro は通常通り起動します。

重要:アップデートは数分かかる場合があります。アップデート中は、電源プラグを抜いたり、システム終了したり、再起動したり、コンピュータの動作を妨げたりしないでください。

Mac Pro EFI ファームウェア・アップデート 1.5 – Apple サポート

おまけ

 AppleはmacOS 10.13 High Sierra betaでApple純正のNVMeドライバの制限を緩和し、サードパーティ製NVMeをAppleの純正ドライバで動かすことが出来るようですが、今回のアップデートでMac Proにサードパーティ製NVMeを接続し、APFSボリュームから起動できるかどうかは確認されていないようです。

Samsung NVMe SSD 960

コメント

  1. 匿名 より:

    忘れられていなかっただけでも何より。