GUIでRaspberry Piをカスタマイズできるオープンソースのセットアップツール「PiBakery」がPi Zero Wをサポートした最新のRaspbianを同梱。

スポンサーリンク

 GUIでRaspberry Piをカスタム・セットアップできるオープンソースのセットアップツール「PiBakery」がRaspberry Pi Zero Wをサポートした最新のRaspbianを同梱したと発表しています。詳細は以下から。


 PiBakeryは昨年9月、スコットランドで暮らす(当時)17歳のDavid Fergusonさんが開発&公開したRaspberry Pi用のセットアップツールで、Raspberry Pi用OS「Raspbian」をGUIでカスタマイズしインストール&セットアップする機能が搭載されていますが、このPiBakeryがRaspberry Pi Zero Wをサポートした最新の「Raspbian」を使用できるようになったと発表しています。

RASPBIAN Release Notes 2017-03-02:

  • Updated kernel and firmware (final Pi Zero W support)
  • Wolfram Mathematica updated to version 11
  • NOOBS installs now checks for presence of ‘ssh’ file on the NOOBS partition

‎downloads.raspberrypi.org/raspbian/release_notes.txt

 PiBakeryを新たに利用する方は公式サイトかGitHubからダウンロードし、既にPiBakery利用されている方はアプリを起動するとアップデートがチェックされ、最新のRaspbianがダウンロードできる用になっているので、Raspberry Pi Zero Wユーザーの方は利用してみてください。