macOS Sierra 10.12.4 betaでAPFSフォーマットボリュームからの起動に成功したもよう。

スポンサーリンク

 macOS Sierra 10.12.4 betaでAPFSフォーマットボリュームからの起動に成功した方がいるそうです。詳細は以下から。


 APFS(Apple File System)はHFS+に代わるAppleが現在開発中のファイルシステムで、Apple WatchからMac Proまでのスケールをカバーし、暗号化とSSDへの最適化に焦点があてられたファイルシステムですが、現在 開発者向けに公開されているmacOS Sierra 10.12.4 betaを使用し、APFSフォーマットボリュームからの起動に成功した方々がいるそうです。

I was finally successful, so to help others wishing to boot from an APFS-formatted volume here’s a quick post documenting the current process as of 10.12.4 beta 4 (16E175b). I believe that his is currently the quickest way to take an existing HFS boot volume, convert it to APFS and configure it for booting.

Apfs Boot Quickpost – Enterprise Mac

 APFSボリュームからの起動に成功したのはTyler Lochさんらで、Appleは現在macOS Sierraにプレリリース版のAPFSを同梱していますが、公式にはAPFSボリュームからの起動は不可能となっており、

Can I boot macOS Sierra from an APFS-formatted hard disk?

No. macOS Sierra supports Apple File System for data volumes only. You cannot boot macOS Sierra from a APFS-formatted volume.

Frequently Asked Questions – Apple

最近のmacOS Sierra 10.12.4 betaに追加されたAPFS関連のユーティリティコマンドについてもドキュメントを公開していませんが、Tyler Lochさんらは”apfs_hfs_convert”コマンドを使用しCoreStorage LVGからAPFSボリュームを作成、”boot-args”を指定してAPFSボリュームからの起動が可能だったとコメントしているので、興味のある方はTyler LochのツイートとPepijn Bruienneさんの記事をチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    Parallelsとか仮想環境でも出来るかな?

  2. 匿名 より:

    さすがにファイルシステムは人柱にはなれん。
    バグってたら、ファイルが全部消える。