Iconfactory、PSDエクスポート機能やApple PencilをサポートしたiPad用スケッチアプリ「Linea」をリリース。

スポンサーリンク

 IconfactoryがPSDエクスポート機能やApple PencilをサポートしたiPad用スケッチアプリ「Linea」をリリースしています。詳細は以下から。


 Twitterクライアント「Twitterrific」や開発者向けツール「xScope」などを開発&販売している米The Iconfactoryが、iPad専用のスケッチアプリ「Linea」をリリースしたと発表しています。

Introducing Linea – An elegant and simple digital sketchbook for the iPad. Optimized for use with Apple Pencil, but able to work with a normal stylus or even just your finger, Linea provides the right balance of power and control to sketch effortlessly.
Learn more at linea-app.com

Linea – Promo from Iconfactory on Vimeo.

 Lineaはレイヤーやペンツール、マルチタッチジェスチャーなどを備えている他、以下の様な機能や特徴を持ち、フォルダ単位でのプロジェクト管理も出来るアプリとなっており、

  • Easy Colors : プリセットされたカラーやカスタマイズしたカラーを画面サイドから呼び出して利用できる機能
  • Elegant Layers : レイアウトやマージ、調整が可能なレイヤー機能
  • Grids & Templates : グリッド表示やiOSアプリのアイコンやUIなど開発用のテンプレートを搭載
  • Flexible Exporting : 透過PNGやレイヤーPSD, JPEG形式でのエクスポートやSlack, Dropboxへの保存が可能
  • Touch Eraser : ホワイトボードに書いたスケッチのように、指でタッチするだけでスケッチを消去できる機能

iPad ProおよびApple Pencilもサポートしていますが、価格は1,200円なので興味のある方は公式サイトで機能をチェックしてみてください。

追記 : 9to5MacMacStoriesがレビューを掲載しているので参考にどうぞ。