WebKitにリアルタイムコミュニケーション用API「WebRTC」がインポート。

スポンサーリンク

 WebKitにリアルタイムコミュニケーション用API「WebRTC」がインポートされたそうです。詳細は以下から。


 元Macworldの編集長で、現在はSix Colorsやrelay.fmなどを運営するJason Snellさんや複数のWebエンジニアの方によると、1月19日付けのチェックインでWebKitのTracにリアルタイムコミュニケーション用API「WebRTC」がインポートされたそうです。

On January 19, Apple checked WebRTC support into the WebKit open-source project upon which Safari is based. This is kind of a big deal because it suggests that WebRTC will eventually make its way into Safari.

Safari to gain real-time communication features? – Six Colors

 Appleが先日発表したSafari v10.1の新機能リストにはWebRTCに関する記述が無いため正式サポートはもう少し先になると思われますが、WebKitのWebRTC対応は2016年から始まっており、既にFirefoxやChrome, Operaがサポートしています(Can I use)。

A WebKit check-in doesn’t mean it’s going to happen tomorrow, but it’s possible that we’ll see it this year. As a podcaster who prefers to travel with an iOS device, I’m excited!

Safari to gain real-time communication features? – Six Colors