Apple、WebKitのステータスページに「WebRTC 開発中」と明記。

スポンサーリンク

 AppleがWebKitのステータスページに「WebRTC 開発中」と明記し話題になっています。詳細は以下から。

WebKit-Hero-logo-icon

 アメリカのEnterprise Connect Orlandoが運営するNo JitterやZDNetによると、AppleはWebKitの開発ステータスページを更新し、ブラウザ間でリアルタイム コミュニケーションを可能にするAPI「WebRTC」を現在開発と明記したそうです。

WebKit-WebRTC-status-in-Development

Excitement is in the air! Apple has given its seal of approval by placing WebRTC into development for WebKit, the engine that powers its Safari browser. This is not the type of announcement you would expect to come from Apple. It didn’t come with any big press releases, nor artists performing hit songs. Apple simply placed the notice on the WebKit status page for all to see.

Apple Jumps On the WebRTC Bandwagon – Post – No Jitter

 Appleは2015年3月[1,2]からWebRTCのサポートをEricssonやIgalia, Centricular, Dr. Alex Gouaillardなどの手を借りて進めており、2015年10月にはWebRTCのエンジニアを募集していたそうなので、近いうちにSafari Technology Previewなどでプレビュー可能になるかもしれません。

WebRTC-support-Browser

As the fight for WebRTC adoption in Apple’s Safari browser began to heat up, a few industry participants decided to give Apple a helping hand. A group comprising Ericsson, Igalia, Centricular, and Dr. Alex Gouaillard, an independent WebRTC expert, started an initiative to bring WebRTC to WebKit.

Apple Jumps On the WebRTC Bandwagon – Post – No Jitter

関連リンク