Apple、macOS Sierra 10.12.3でMacBookのバッテリー消費を抑制するための新しい輝度設定を追加?

スポンサーリンク

 AppleはmacOS Sierra 10.12.3でバッテリー消費を抑制するための新しい輝度設定を追加する計画のようです。詳細は以下から。


 MacRumorsや9to5Macによると、Appleが先週リリースした「macOS Sierra 10.12.3 beta 4 Build 16D30a」に新しい輝度の設定が見つかったそうです。新しい輝度の設定はメニューバーのバッテリーインジケータに表示され、

Apple appears to be further optimizing macOS Sierra for battery performance after controversy over MacBook Pro battery life issues. macOS 10.12.3 beta 4 includes a new Display Brightness item under the Battery status indicator on the menu bar when checking which apps and features are using significant energy.

macOS 10.12.3 beta includes new Display Brightness energy saving recommendation for extending battery life – 9to5Mac

ディスプレイの輝度を75%より上に設定すると出現し、この設定をクリックすると輝度を閾値(75%)まで下げてバッテリーの消費を抑制してくれるそうで、内蔵ディスプレイの「輝度を自動調整」オプションを有効にしていても使用可能となっているそうです。

Now, Apple has gone one step further and expanded the feature to include display brightness. On the latest macOS Sierra beta, when a Mac’s display is set above 75% brightness—or at least 13 out of 16 notches—a new item called “Display Brightness” is listed under the battery menu.

macOS 10.12.3 beta includes new Display Brightness energy saving recommendation for extending battery life – 9to5Mac

 この設定はディスプレイを搭載したMacBookが対象で、macOS 10.12.3はまだBeta版のため今後どうなるかは定かではありませんが、AppleはmacOS Sierra 10.12.2で「メニューバーのバッテリーアイコンに表示されるバッテリー駆動の『残り』時間は正確ではない」としてこの表示を削除しているため、今後もバッテリー消費を抑制するための新機能が追加されるかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    内臓ディスプレイとか気持ち悪くて使えたもんじゃない